2005.05.30

義円の墓

卿公義円深入りして討たれにけり。

平清盛亡き後の最初の源平合戦が墨俣(洲俣)の戦いです。
『平家物語』によると、治承5年(1181)3月、源行家ら六千余騎の軍勢が尾張まで攻め上って来たとの知らせを受け、平氏は平知盛(※)・清経・有盛ら三万余騎で京を発向します。両軍は、尾張川(木曽川の古名)をはさんで対峙します。夜半、源氏の軍勢が河を渡り、突撃を開始します。しかし、平家の大軍に攻めたてられ、源氏方は惨敗します。頼朝の異母弟・義円は深入りして討死にしてしまいます。源行家は、いったん三河国に退きますが、ここでもやはり敗北してしまいます。

覚一本では、上に記したようにあっさりと一言で義円(ぎえん)の死を語ります。しかし『源平盛衰記』では、もう少しくわしく義円の戦いの様子が描かれています。

墨俣は岐阜県安八郡の地名で、木曽川、長良川、揖斐川の合流点にあたります。尾張と美濃の境でもあります。
墨俣の古戦場跡には、義円の墓と伝えられる五輪塔がああります。
義円は、源義朝と常盤の間に生まれた3人の子どもの一人です。義経の兄にあたります。幼名乙若。平治の乱の後、仏門に入り、円成といい、のちに義円とあらためます。後白河院の皇子八条宮円恵法親王に仕えて坊官となります。墨俣合戦では叔父源行家の軍に参じますが、討死します。

岐阜県安八郡下宿に残る義円の墓。
161

義円の墓のそばには、義円公園があります。
公園には、義円地蔵、義円供養塔、墨俣古戦場の碑などがあります。
162 163

※史実では、平家方の大将軍は平知盛ではなく、平重衡でした。

【参考文献】
『平安時代史事典』『岐阜県の地名』
『平家物語全注釈』中

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.05.17

法住寺殿

後白河法皇の院御所。もともと藤原為光が建立した法住寺の跡であったことから法住寺殿と呼ばれました。
広義の法住寺殿は多数の御所と寺院の複合体です。七条大路末を東西の軸とし、その北側に七条殿の東西両殿(現・京都国立博物館敷地)、南側に蓮華王院と法住寺南殿(狭義の法住寺殿)。その南方に巨大な池(現・東山区今熊野池田町)と建春門院の建立した最勝光院(現・同区本池田町・下池田町付近)。また熊野と日吉の二社が勧請され、新熊野神社・新日吉社がありました。

法住寺殿は、『平家物語』にたびたび舞台として登場します。なかでも、寿永2年(1183)11月、後白河法皇に離反した木曽義仲は、法住寺殿を襲撃し、殿舎を焼き払ってしまいます(8巻法住寺合戦)。その後建久8年(1197)源頼朝によって再建されています。

蓮華王院(三十三間堂)に建つ法住寺殿跡の石碑
152

【参考文献】
野口実・山田邦和「法住寺殿の城郭機能と域内の陵墓について」(京都女子大学宗教・文化研究所『研究紀要』16号 2003年)
野口実・山田邦和「六波羅の軍事的評価と法住寺殿を含めた空間復元」(京都女子大学宗教・文化研究所『研究紀要』17号 2004年)
『平安時代史事典』


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.05.15

八条河原口盛国の家

養和元年(1181)閏2月4日、平清盛が亡くなりました。『吾妻鏡』同日条は清盛の死去の場所を「九条河原口盛国家」としています。これは清盛の家司平盛国の邸宅であり、その場所は平安京の南東端の左京九条四坊十三町のあたりだと考えられてきました。※
しかし、神戸大学の高橋昌明先生の最新の研究(「清盛家家政の一断面ー備後国太田荘関係文書をてがかりとして」〈笠井昌昭編『文化史学の挑戦』思文閣出版 2005年〉)により、平盛国邸は八条河原口であることが明らかにされました。
同論文によると、『師元朝臣記』応保元年(1161)9月3日条に、憲仁親王(高倉天皇)が「八条河原口右(左)衛門尉盛国宅に於いて降誕」とあることから、『吾妻鏡』の記事は九条と八条の誤記であろうとされています。
八条河原口は、鴨川のすぐ対岸に後白河院の法住寺殿御所、西に西八条邸、北北東に六波羅が位置し、西八条邸・六波羅とはほぼ等距離にあり、平氏の家政を預かる平盛国邸として、もっともふさわしい場所といえます。

平安京探偵団の六波羅・法住寺殿地図をご覧下さい。
九条大路の末に「平盛国?」とあるのが、通説の九条河原口盛国邸です。
その上に赤い丸で囲ったあたりが八条河原口です。
地図を見てもわかりますように、鴨川を隔てた対岸は法住寺殿です。
『平家物語』慈心坊(巻6)には、清盛が死んで葬送の夜、院の御所法住寺殿から2,30人の声で、拍子をとって舞い踊り、どっと笑う声がしたといいます。
『百錬抄』の養和元年閏2月4日条には、今様乱舞の声が聞こえてきたのを、もう少し具体的に法住寺殿の最勝光院としています。
このどんちゃん騒ぎ、九条河原口では聞こえないけれど、八条河原口だと確かに聞こえてくるよねと、先日、私が参加させていただいている某大学のゼミの百錬抄の講読会で話題になりました。

※「九条河原口盛国家」を平盛国邸ではなく、権大納言藤原邦綱の父右馬権助盛国邸とする説もあります。上横手雅敬「平氏政権の諸段階」(安田元久先生退任記念論集刊行委員会編『中世日本の諸相 上』吉川弘文館 1989年)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.05.09

西八条殿の蓬壺

源平盛衰記巻二十六 蓬壺焼失の事
六日、八条殿も焼けぬ。この所をば八条殿の蓬壺とぞ申しける。蓬壺とはよもぎがつぼと書きけり。入道蓬を愛して、坪の内を一つしつらひて、蓬を植え、朝夕是を見給へども、なほ飽き足らずおぼしける。されば斜めならず造り瑩かれて、殊に執し思ひ給ひければ、常はこの蓬壺にぞおはしける。
(水原一考定『新定源平盛衰記』第3巻より引用)

先日のNHK大河ドラマ『義経』「清盛死す」で、清盛が蓬畑を眺めているシーンが出てきました。
実はこの蓬畑のシーンは、『源平盛衰記』に出てくるものです。清盛が蓬を愛して西八条第の一角に蓬を植えて眺めたという記事によります。
この記事は、『源平盛衰記』のみに出てくるエピソードで、他の諸本にはありません。

わたしはずっと不思議でした。清盛が蓬を愛でて育てる図。
松とか桜とか梅とかなら納得できます。蓬ですよ!
蓬が生い茂った様を表現する「蓬生」は、荒れ果てた様子を表す言葉として使われます。

私は次のように考えます。
「八条殿の蓬壺」=「八条殿の御所」のことではないでしょうか。
『拾芥抄』に、内裏の唐名として「蓬壺」があげられています。
西八条第は短期間ではありますが、里内裏、院御所となっています。
西八条第内の里内裏、院御所となった邸宅を、「西八条殿の蓬壺」というのはないでしょうか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.05.08

入道死去2

能福寺
145
 能福寺(兵庫区北逆瀬川町)は、寺伝によると伝教大師最澄の創建で、平家一門の帰依により隆盛しましたが平家滅亡の後、暦応4年(1341)兵火により全焼。慶長4年(1599)明智光秀の臣長盛法印が堂宇を再建したと伝えています。

能福寺平相国廟
144
 能福寺には、昭和55年、清盛の八百年忌を記念して作られた「平相国廟」があります。清盛塚の塔を模造した「十三重石塔」を中心に、向かって右側に円実法眼の供養塔である宝篋印塔(鎌倉時代)、左側には平教盛の子息で円実法印の弟子でとなった忠快の供養塔である九重石塔(同)がすえられています。

清盛塚
146
 兵庫運河にかかる清盛橋のそばに、清盛塚(兵庫区切戸町)と呼ばれる十三重石塔が建っています。この石塔は古くから清盛の墓と伝えられてきました。清盛塚は、大正12年(1923)、都市計画道路工事のため移転されることとなり、それにともなって発掘調査が実施されました(もとは現在地より南西約10メートルの場所にありました)。調査の結果、墳墓でないことが明らかになりました。石塔には弘安9年(1286)の銘があり、兵庫県指定文化財となっています。
 現在、清盛塚の石塔が建っている場所は、もともと「琵琶塚」と呼ばれていました。伝承によると、平経正の塚で、仁和寺の覚性法親王から拝領した琵琶の名器「青山」をともに埋葬したとされています。しかし、もとは前方後円墳で、その形が琵琶に似ていることから琵琶の名手経正と結び付けられたようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

入道死去1

悶絶躄地して、遂にあつち死にぞし給ひける
(身もだえして息絶えて倒れ、とうとう悶死をなさった)

養和元年(1181)閏2月4日、清盛は九条河原口の平盛国邸で波乱に満ちた生涯を終えます。語り本系『平家物語』では、清盛の遺体は愛宕(おたぎ)で火葬され、遺骨は円実法眼が頸にかけて運び、経の島に納めたと書かれています。経の島がどこにあったのかはわかっていませんが、能福寺の東北にあたる築島寺(来迎寺)付近、または清盛が造営した八棟寺の境内とも伝えられています(八棟寺は現存しませんが、現在切戸町の清盛塚がある辺りだろうとされています)。このことから、次に紹介する清盛塚(兵庫区切戸町)、能福寺の平相国廟が清盛の墓所であると考えられてきました。

もっとも史実に近いであろうと思われるのは、『吾妻鏡』の記述に出てくる「播磨国山田法花堂」です。『吾妻鏡』の養和元年閏二月四日条には、「三ケ日以後葬の儀あるべし。遺骨においては播磨国山田法花堂に納め、七日ごとに形のごとく仏事を修すべし。毎日は修すべからず。また京都においては追善をなすべからず。子孫はひとえに東国帰往の計を営むべし。」と清盛の遺言を伝えています。この記事でいう「播磨国山田」とは、平家没官(もっかん)領のうちの播磨山田領のことで、現在の神戸市垂水区西舞子町付近です。『延慶本平家物語』には、「花見の春の園の御所、初音尋る山田御所。月見の秋の岡の御所、雪の朝の萱の御所、嶋の御所、馬場殿、泉殿、二階桟敷殿」と、「山田御所」の名前が見られ、『高倉院厳島御幸記』に「はりまの国山だ」の山荘で昼食をとったことが知られています。

【参考文献】
『兵庫県史』(1975)
角田文衞『平家後抄』下(朝日新聞社 1981)
元木泰雄『平清盛の闘い〜幻の中世国家』(角川書店 2001)
冨倉徳次郎『平家物語全注釈』
『兵庫県の地名』(平凡社)

| | コメント (0) | トラックバック (0)