« 二日酔い、の巻 | トップページ | 東京でアートに触れる、の巻 »

2007.02.28

揺らぐ近代、の巻

 2007年2月25日(日)
 京都国立近代美術館の特別展「揺らぐ近代 日本画と洋画のはざまに」が今日まで。遅ればせながら、ウチの奥さんとともに、でかける。岡崎公園でちょうどやっていた「京の朝市」でみたらし団子とオムソバを昼御飯のかわりにする。「揺らぐ近代」展を見た後、フッと思いたって、五条坂の河井寛次郎記念館に行く。強烈な作品の数々。感動。

 2007年2月27日(火)
 ある仕事の見積りを取らねばならないことになり、その道では大手の会社に連絡をとり、営業の人に来てもらう。ところが、来たのは、幽霊のようにボーッとした人だった。ろくろく挨拶もできないし、仕事の内容に精通しているとはとうてい思えない。辟易して、さっさと話を切り上げてお引き取り願う。この会社、いったいぜんたいどんなつもりで、こんな人を営業職に据えているのだろう? 営業職は会社の「顔」。私は、金輪際この会社は使わないことになるだろうな。
 やれやれ、また別の会社を呼ばねばならないではないか。時間を無駄にした。

 午後、TK氏が来学される。来年度からわが大学の教員としてお迎えすることになっている方である。学内をくまなく案内し、仕事の打ち合わせをする。夜は、祇園にでかけて一杯。よしよし、花園大学もどんどん充実していくぞ\(^o^)/ でも、結局は呑みすぎる。

« 二日酔い、の巻 | トップページ | 東京でアートに触れる、の巻 »