« チベットと共に立ち上がろう!-ダライ・ラマを支援しよう—、の巻 | トップページ | 人文地理学会例会と授業開始、の巻 »

2008.04.14

工藤静香さんHAPPY BIRTHDAY、の巻

 2008年4月14日(月)
 本日は工藤静香さんの38回目のお誕生日。おめでとうございますm(_ _)m

P1060476
 写真は、先月発売された「歌手ソロデビュー20周年記念企画第3弾」の「Shizuka Kudo 20th Anniversary B-side collection」。つまり、これまでのシングルのうち、A面収録曲は「Shizuka Kudo 20th Anniversary the Best」に集大成された。そこで今回は、B面収録曲の多くが集められたのである(とはいうものの、1996年の映画「爆走!ムーンエンジェル—北へ」の主題曲「ルナ—月の女神」などはなぜか収録されなかった。ゴキゲンな曲なので、ちょっと惜しいぞ)。B面収録曲というのは日があたらず、知らず知らずのうちに埋もれてしまうことが多いので、これはありがたい。
 このCDで一番嬉しいのは、初回限定版だけの特典ではあるが、DVD「SHIBUYA-AX(07.8.31)LIVE DIGEST」が附属していることである。昨年の8月・9月に2回だけ、東京と大阪でソロ・デビュー20周年記念ライヴ「Shizuka Kudo 20th Anniversary the Best」(毎日放送主催、ポニーキャニオン後援、Purple/ON THE LINE企画製作)がおこなわれた。私は大阪のライヴに行ったということは既にのべた。その時に「こんな熱気あふれるライヴをやった時には、その映像も発売しなきゃもったいないぞ。ポニーキャニオンさん、ぜひともよろしくm(_ _)m」と書いたのだが、実際はほとんど諦めていた。それが、まさか私の意見を斟酌してくれたというわけではないだろうが、思いがけず、東京ライヴの映像が、ダイジェスト版(全体の5分の1程度)とはいえ、入手できるようになったのである。「禁断のテレパシー」「FU-JI-TSU」「Blue Rose」「めちゃくちゃに泣いてしまいたい」「嵐の素顔」「Blue Velvet」「慟哭」「抱いてくれたらいいのに」の8曲を見ることができる。
 もちろんナマでライヴに参加するのとDVDの映像とでは感動の度合いがまったく違うが、それでもあの日の興奮を思い出すことは充分に可能なのは、まったくありがたい限りである。白のタンクトップ・シャツにゴールドのデニムのパンツ、それに黒のベストをひっかけたカッコいい姿での「禁断のテレパシー」「FU-JI-TSU」。真っ赤なドレスに身を包んでの、工藤静香最高傑作「Blue Rose」。会場とひとつになった「慟哭」など、充分に楽しめる出来である。今はまだこのDVD付きの初回限定盤が手に入ると思うので、御希望の方はお急ぎのほどを!
 ただ、この東京ライヴと、私が参加した大阪ライヴとを比べると、大阪での方がはるかに出来は良かったのではないかと思う。もちろん、ナマで聞いたものと映像だけのものは比べものにならないから、私のこの感想はあてにはならないことは当然である。ただ、この映像で見る限り、東京では静香さん、歌詞を間違えたり、ノリが悪いようなところが散見される。それに比べて、大阪では2回目ということもあったのか、のびのびと自分の持ち味を発揮していたように思う。今度は大阪ヴァージョンの映像を発売してくれないかな〜〜〜(^^;)

« チベットと共に立ち上がろう!-ダライ・ラマを支援しよう—、の巻 | トップページ | 人文地理学会例会と授業開始、の巻 »