« 授業開始、の巻 | トップページ | 長岡京の宴会、の巻 »

2009.04.14

工藤静香、中島みゆきを歌う「MY PRECIOUS -Shizuka sings Miyuki-」、の巻

41fzkrioy3l_sl500_aa240_
2009年4月14日(火)
(←アルバムのデザインも実にうつくしい)

 本日は、工藤静香さんの39回目の御誕生日。おめでとうございますm(_ _)m。

 昨年は、静香ファンにとってまさに特別な年であった。静香さんが久しぶりに中島みゆきさんから楽曲の提供をうけた新曲「NIGHT WING/雪傘」が発売されたし、その直前には静香さんがみゆきさんの名曲をカバーしたアルバム「MY PRECIOUS -Shizuka sings Miyuki-」も公表されたからである。

 静香(以下、すべて敬称略)は以前からずっと、「中島みゆきさんほど憧れる人はいない」と公言しているし、中島みゆきもその想いに応えるように、静香に大量の詩・曲を提供している。なにせ、中島みゆきはこれまでに46組の歌手に合計98本の曲や詞を提供しているが、静香への提供曲・詞は実に2割強にあたる22本を占めており、この中ではダントツの第一位なのである。中島みゆきの曲の名表現者として有名な研ナオコへの提供曲でさえ15本であり、第三位の柏原芳恵は4本にとどまっているから、静香への22本というのは異常ともいうべき高率なのである。

 このCDの発売と同時にNHKは、『SONGS』工藤静香特集(2008年11月12日)を放送した。この中で印象深かったのは、静香へ向けた中島みゆき本人のヴォイス・メッセージが流されたことである。そこでみゆきは「あなた(静香)に巡り会えたことが、私にとっての宝物です」という温かい言葉を贈った。この言葉を聞いたとたん、静香はハッと息を呑んだ。そして、その大きな瞳からは大粒の嬉し涙が溢れ出てきたのである。

 さて、その「MY PRECIOUS -Shizuka sings Miyuki-」。静香が長年のみゆきへの想いのたけを全て注ぎ込んだアルバムとなった。正直言って、聞く前には、期待半分不安半分だった。中島みゆきの曲はだいたいが音域がものすごく広く、またひとつひとつのフレーズが綿々と長いため、かなりの難曲が多いのである。いくら熱烈な想いがあるとはいえ、静香がこうした難曲を唄い切ることができるのかどうか、ファンとしての贔屓目から見てもいささか不安だったのである。

 しかし! 出来上がりを聞いてみて、まさに驚愕した。これは凄い! 静香がこれまでに発表した29点にのぼるアルバムの中でもベストであるといってまちがいない。昨年10月の発売からこのかた、数えきれないほどの回数、聞いてしまったぞ(註1)

 その中でも最も感動的なのは、「命の別名」である。この曲こそ、クライマックスで低域から高域へと駆け上がる難曲中の難曲なのである。中島みゆきの自演ですら、このクライマックスの部分はかなり苦しいのであるから、ましてや静香がこれを歌いこなせるかどうか、聞く前には疑問に思っていた。確かに、中盤の低域部にはいささか危なっかしい部分もあった。しかし、後半部の完成度はどうだ。静香の歌声は、濁りもためらいも憂いもなく、天空を目指して真っすぐに羽ばたいていく。その美しさはまったく筆舌につくしがたい。これは、歌手としての静香の円熟を心から感じさせる傑作となったのである。

 そもそも、中島みゆきは自分の曲を歌うときには、その圧倒的な声量にモノをいわせて、どの曲もドラマティックに盛り上げていく。それに対して、このアルバムでの静香は、みゆきの自演とは正反対の透明で涼やかな仕上がりを目指した。空と君のあいだに」「銀の龍の背に乗って」も良い出来であるが、「見返り美人」の爽やかさはどうだ。中島みゆきの自演(註2)が、地下の底から高温のマグマが恐るべき勢いで噴出するような「熱さ」と「凄まじさ」を感じさせたのに対して、静香版は人里離れた山奥からサラサラと流れ出すうつくしい泉水のような清らかさを表現した。みゆき自演版とはまったく対極の解釈であるが、それが見事にツボにはまっているのである。もちろん、どんな解釈にも十全に反応し切る、曲自体の完成度の高さがあってのことであるが。

 こうした解釈の極地を示したのは、「土用波」であろう。この曲は今まで、圧倒的な迫力でグイグイとせまってくるみゆき自演版(註3)で聞いていたから、この静香版は新鮮きわまりなかった。いやぁ、あの「土用波」が、こんなに甘くこんなに切なく響くとは、今の今まで想像もできなかったぞ。みゆき版が文字通り、晩夏に襲来する怒濤の荒波だとすると、静香版は、人っ子一人いなくなった海岸で静かに眺める初秋のさざ波に例えられるかもしれない。アーティストとしての静香の表現力に、脱帽。

 「やまねこ」もすばらしい。静香は、1986年みゆき自演版に比べるとかなりゆっくりとしたテンポをとり、じっくりと唄い上げる。ふつうだったらバックのドラムセットが曲全体を煽りに煽るところなのであるが、静香版のこの曲ではドラムはワザと控えめのイン・テンポをとり、サビの効いた静香の歌声をガッシリと支えて、陰鬱きわまりない雰囲気を醸し出している。しかしそれは欠点ではない。この「やまねこ」という曲自体がそもそも実に暗澹たる内容なのであるから、静香版はこの曲の本来の魅力を十全に表現したといわねばならないのである。

 そして、「宙船<そらふね>」。みゆきがTOKIOに提供した名曲である。この曲は、みゆき自身の2006年セルフカバーのスタジオ録音もすばらしいが、2007年コンサートツアー・ライヴみゆきと宮下文一(註4)が共演して歌い上げた超名演がある。と、いうよりも、この2007年のみゆき+宮下版は、人間技を超えてほとんど「神」の領域に達した史上空前の圧倒的な仕上がりになっているのである。したがって、ことこの曲に関していうならば、静香といえどもいささか分が悪い。しかし、彼女自身が「(宙船には)グッときた」と語っている(NHK『SONGS』2008年11月12日放送)ように、静香はこの曲が大好きなんだな。その大好きな名曲に対して小細工を弄するのは、決して彼女の潔しとするところではなかったのだろう。そこで彼女は、「静香節」と呼ばれるドスの効いたダイナミックな表現力を生かしたまま、正面からこの曲に堂々と立ち向かうことを選んだ。そこで現れたのはみゆき版とは別の意味で見事な「宙船」の姿なのであり、2007年みゆき+宮下版には及ばないにしても、2006年みゆきセルフカバー版に肉薄する名演になったのである。

 最後に収録された「激情」「雪・月・花」「Clavis-鍵-」はボーナス・トラックで、いずれもかつて中島みゆきが静香に提供したオリジナル曲である。これを聞くと、中島みゆきという人が他の歌手に楽曲を提供する時に、その歌手の表現力に最も合った曲を作り出していることがよくわかる。ただ、これらは今回の新録音でなく、以前の録音が使われたのはちょっと惜しい。今の静香ならば「激情」「雪・月・花」をどのように表現するか、聞いてみたかった。「Clavis-鍵-」は録音が新しいのでそんな不満はないし、そもそもこれは、静香の全曲目の中で「Blue Rose」と双璧をなす名曲なのであるから、何度聞いても飽きる事がない。

 これだけの凄いアルバム、静香ファン、みゆきファンのみならず、ぜひ、たくさんの人たちに聞いてほしいものである。

(註1)今、iTunesを確認したら、「命の別名」だけで再生回数80を記録していた。ということは、この曲だけでもあちこちで機会あるごとに聞いているから、それをすべてカウントすると300回は優に超えることになるだろうな。我ながら呆れてしまった・・・(=´Д`=)ゞ
(註2)中島みゆきの「見返り美人」には、1986年オリジナル・ヴァージョンと、1991年セカンド・ヴァージョンがあり、両者がまったく正反対の解釈を採っていることが興味深い。私自身の趣味からいうと、1986年オリジナルの方が好き。
(註3)「土用波」は、1988年スタジオ録音がオリジナルであるが、それ以上に2004年セルフ・カバー・ヴァージョンが超名演。さらに、その2004年版をすら突き抜けた凄い仕上がりになったのが、2005年のロス・アンジェルスでのスタジオ・ライヴ映像である。
(註4)宮下文一は、いつもはみゆきのバックコーラスを務めている歌手。「宙船」をTOKIOに提供した時も、仮歌を担当したのがこの宮下だという。余談だが、こんな圧倒的な実力の持主 ——男性歌唱による「宙船」としては、TOKIOを遥かに凌駕している—— が普段はバックコーラスに入ってるんだから、「みゆき一座」の凄まじさはまさに鳥肌モノである。

« 授業開始、の巻 | トップページ | 長岡京の宴会、の巻 »