« 平安京のお誕生日、の巻 | トップページ | 道義=京響とシャイー=ゲヴァントハウス、の巻 »

2009.10.31

おめでとう〜、山中博士、の巻

 山中章博士のお宅に慶事。一般的にいう「ま○」(←なんだ、これは)、つまり「息子の娘」がお生まれになったのである。お誕生日は10/27だとのこと。もう1日ずれていたら、平安京遷都の記念日である10/28になっていたのに、ちょっと惜しかったぞo(*^▽^*)o。私はま○どころか子供もいないのでよくわからないのだが、一般論としてま○というのはたいそう可愛いらしい。特に男にとっては、ま○女の子だったりするとまさにメロメロになる、という。「鬼」の異名をとって天下に名高い山中博士も、こればかりは目尻を下げまくることになるのだろうな。
 しかし、山中博士は、未だに「ま○」というwordを禁句に指定して「息子の息子」とか「息子の娘」と呼び、彼ら彼女らにも自分のことを「おじ◎さん」ではなく「おおきいとおちゃん」と呼ばしているというのだから、相変わらず強情なことである。どなたか、説得してくれませんかね?

 10/30(金):姫路市生涯学習課の「平成21年度 歴史講座Cコース 『源氏物語』の世界」の現地見学で、80人の姫路市民の方々をお迎えし、京都の源氏物語ゆかりの地をご案内。廬山寺(紫式部邸宅跡)、伝紫式部墓、友禅美術館、 渉成園(枳殻邸)、京都市平安京創生館と巡回。平安京創生館はリニューアルして11/1にオープンのはずなのだが、特別に見せてもらった。法勝寺や鳥羽殿の復元模型も搬入されて展示面積が倍増。平安京を学ぶ拠点施設としてますます充実した。ありがたいことである。

« 平安京のお誕生日、の巻 | トップページ | 道義=京響とシャイー=ゲヴァントハウス、の巻 »