« 「刑事コロンボ」の名犯人役・ロバート・カルプ氏の死を悼む、の巻 | トップページ | 日本考古学協会第76回総会、の巻 »

2010.05.13

多武峯・談山神社、の巻

100513a〈←クリックで拡大〉
 大和・多武峯談山神社に参拝。実をいうと、多武峯はこれがはじめて。今まで行きたい行きたいとは思っていたのだが、なかなか足が向かなかった。今回は、笛の演奏の奉納があるとかで、ウチの奥さんに引かれてのお詣りである。十三重塔は予想をはるかに上回って、優美そのもの。いつまでも見とれる。塔の前の拝殿には大きな藤原鎌足の木像。国家に重大事のあるときに破裂するが、知らぬまにまた元通りくっついている(?)という不思議な像である。背後の山にえっちらおっちらと登ると、山頂に「御破裂山」と号する鎌足の廟。周囲をまわってみると結構腰高の墳丘で、古墳だといってもおかしくない。ただ、あまりにも山の頂上すぎて古墳の立地としてはクエスチョンマークがつくかな(手持ちの『奈良県遺跡地図』をみても古墳としては掲載されていない)。御破裂山にのぼる山道のあちこちには堀割状の切り通しが観察でき、中世城郭跡かな?と思ったのだが、これはあたっていた。中世の多武峯の武威は全国的に轟いていたから、さもありなん。しかし、寺院=神社と城郭遺構をセットで観察できるのは貴重である。
 多武峯から下山したあと、ちょっと思い立つことがあって、橿原の五条野丸山古墳(見瀬丸山古墳)に足をのばす。この古墳についてひとつ仮説をたてていて、それを確かめたかった。ただ、改めて見直すとこの古墳、けっこう墳丘は痛んでいて、原形を想定するのがなかなか難しい。結局、わが仮説は実証できずじまい。まあ、いつもいつもそううまくいくとは限らないな・・・

« 「刑事コロンボ」の名犯人役・ロバート・カルプ氏の死を悼む、の巻 | トップページ | 日本考古学協会第76回総会、の巻 »