« 伯母・山田冨美子、死去、の巻 | トップページ | 人形ふたつ、の巻 »

2011.05.30

日本考古学協会第77回総会、の巻

110530b(←小林達雄名誉教授の講演)
 5月27・28・29日(金〜日)
 日本考古学協会第77回総会が東京の國學院大學で開催される。
 金曜日、ホントは早く出たかったが、電子メールの処理などをしているとつい遅くなった。渋谷の駅前で長崎ちゃんぽんを食べて、すぐに会場に向かう。14時、埋蔵文化財保護対策委員会。私は京都府の委員であるが、最近は充分な働きをしていないから、やや肩身が狭い。15時には中座させてもらって、理事会に合流する。

110530c それにしても國學院大學。学生の頃は時々おじゃましてはいたし、ギッシリと遺物が詰まった考古学資料館に感激もしていた。しかし、近年の再開発でほとんどすべての建物が建て替えられ、昔日とはまるで違ってしまっている。ピカピカである。特に驚嘆するのは考古学資料館を発展的解消して新設された学術資料館。資料の質量、展示の充実ともに、わが国の大学博物館としては屈指といってさしつかえないだろう。皆で、凄いね凄いね、と語り合う。我が大学なんか、比較の対象にすらならないのが悲しい限りである。


 理事および國學院大學の皆さんでの食事会は、実行委員会の心尽くしにより、渋谷駅西側の「元祖 くじら屋」。鯨料理の専門店である。すばらしい。鯨のベーコンはトロけるようだし、鯨の赤身の焼肉も絶品である。ついつい、酒杯が進んでしまう。みんな、美味い美味いとパクついていたから、日本考古学協会理事会には捕鯨反対論者はいないことははっきりした。
 最大の課題は土曜日午前の総会である。私の担当は新入会員の御案内と、陵墓問題の報告。少しばかり懸念材料があってヤキモキしたが、それも何とかクリアーでき、ホッとする。新入会員の中に、花園大学で教えたことのあるM田W君が入っているのは嬉しいことである。今は民間の調査企業に職を見つけて、そこで頑張っているという。考古学に逆風が吹き付けているこの時代に、よくここまで精進してくれたと思う。
 陵墓報告では、昨年度の奈良県新木山古墳(「三吉陵墓参考地」)の限定公開、大阪府平塚古墳(「雄略天皇陵」の一部)の立会見学、大阪府誉田山古墳内堤(「応神天皇陵」)の立入調査の成果を報告する。総会、少し長引いたけれども、粛々と議論し、粛々と終了することができる。
110530a_2


 おもしろかったのは、懇親会後の國學院大學側の二次会。名誉教授の小林達雄先生、現役の吉田恵二先生、柳田康雄先生、谷口康浩先生、内川隆志先生と、学生、卒業生が考古学実習室に集合。私も、誘われるままに紛れ込ませてもらう。いやあ、これはおもしろかった。ここには、古き良き時代の考古学の研究室の雰囲気が明らかに息づいている。学生諸君の顔の輝きが違っている。こんなのを見ていると、大学とはどうあるべきなのか、改めて考えさせられる。花園大学で2年だけ教えたM村君も来ている。私の後任の高橋克壽先生のくんとうを受けて大学院まで進み、この四月からは某県の埋蔵文化財センターに嘱託職員として就職したという。はっきりと自分の途を見つけてくれて、これも嬉しいことである。
 日曜日は研究発表。私は第3会場の担当。すべてを聞けたわけではないが、西光慎治さんの明日香・牽牛子塚古墳と越塚御門古墳、伊野近富さんの京都府馬場南遺跡(恭仁京と関連する)、関根達人さんの北海道に持ち込まれた中世茶道具、石村智さんのパラオ共和国に残る日本統治時代の遺構、五十嵐彰さんの文化財の略奪問題などがおもしろかった。
 台風接近の報道が気になる。帰れなかったらエラいことだ。解散後、早々に新幹線にとびのり、無事に帰洛。

« 伯母・山田冨美子、死去、の巻 | トップページ | 人形ふたつ、の巻 »