« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011.07.31

やっとひとつ(須恵器編年)、の巻

 7月29日(金)
 毎度のことながら、仕事がズルズルと遅れている。「前方後円墳が好き」さん「まだ原稿を出していないのは、オレを含めて3人だそうだ(もう一人の人の話による)」と書かれていたが、白状します、この「もう一人の人」とは私のことです。遅まきながらなんとか仕上げることができ、出版社に原稿を送付する。「前方後円墳が好き」さんも、3人のうちのもうお一方の先生も、もう提出されたのだろうな。結局、私が最後になったのではないだろうか。我ながら、どうしてこう仕事が遅いのだろうか。つくづくイヤになる。D成社さん、編者のF永先生、さらに早くから原稿を寄せられている先生方、すみませんでしたm(_ _)m。
 私の担当は「須恵器の編年(西日本)」。手をとられたのは、古墳時代の須恵器の編年図である。前著『須恵器生産の研究』には、力及ばずして須恵器編年図を入れることができなかったので、ずっと心残りだった。いろいろな本には須恵器編年図が掲載されてはいるが、必ずしも変遷の型式学的組列がうまく読み取れなかったりして、私としてはどこか欲求不満が残るものばかりである。いつか、私の頭の中にある「理想」の須恵器編年を簡潔な図にしたい、と思い続けてきた。しかし、これはおもいのほか難作業である。あちこちの古墳の出土資料をつまみ食い的に並べるのならば事は簡単なのだが、やはり生産地を重視する立場からは日本最大の須恵器生産地である大阪府南部窯址群(「陶邑窯址群」と言われるが、私はこの名称を採らない)の出土資料を使うことを原則としなくてはならない。田辺昭三氏が『須恵器大成』で提示された資料を無批判に使えれば楽なのだが、大筋はともかくとして、細部では異論がある。中村浩氏の『和泉陶邑窯出土須恵器の型式編年』の編年については、一番重大なところ(中村編年のⅡ型式第6段階からⅢ型式第1段階にかけて)で、私とは決定的な理解の相違がある。それに、田辺氏のものも中村氏のものも、資料が一杯挙げられているのはいいのだが、その中のどの資料をその時期の典型と理解されているのか、ちょっとわかりにくいところがある。
 よって、研究室から大阪府南部窯址群の数十冊の報告書を担いで帰り、ひとつひとつ、最適の資料を選び出すことになる。これが結構な重労働。やっと仕上げられたと思うと、別の資料を忘れていたことに気づき、なんべんもなんべんも編年図を修正する羽目になる。久しぶりにホワイト修正液を大活躍させたぞ。
 その甲斐あって(?)、なんとかできあがった。ホントはもっと大部なものにしたかったが、紙数の関係で器種を限定せざるをえなかったのはちょっと残念。ただ、私の理解する型式変遷は明確にさせたつもりだから、これから学び始める学生さんとか、他の時代をやっているがちょっと古墳時代の須恵器も理解しておきたいという研究者には、お役にたてていただけるものになったような気がする。

 ともあれ、ひとつ完成。しかし、息継ぐ間もなく次の仕事にかからねばならない。はぁ〜、先が思いやられるぞ(>_<)。


2011.07.20

予告:第22回平安京・京都研究集会、の巻

平安京・京都研究集会 第22回 御案内
「信長と京都―河内将芳著『信長が見た戦国京都』をめぐって―」

平安京・京都研究集会では、今回、織田信長と京都について考える研究集会を催します。企画にあたっては、河内将芳さんの『信長が見た戦国京都-城塞に囲まれた異貌の都-』(洋泉社歴史新書、2010年)をひとつの素材とします。
 信長時代の京都の変貌、信長と京都のかかわりについて、従来とは異なる新しいイメージを提起できればと考えています。よろしく御参加ください。         
           後援)日本史研究会

  日時:2011年7月31日(日) 13:00--17:00
  会場:機関紙会館 5F大会議室(京都市上京区新町通丸太町上ル東側。日本史研究会事務所の建物。市バス「府庁前」バス停すぐ。地下鉄「丸太町」駅下車、2番出口より西へ、3筋目を北へ。徒歩6分。http://homepage2.nifty.com/kikanshi-keiji/kaizyou.html)
報告;本多博之氏(広島大学、日本中世史)「信長が見た戦国京都の貨幣事情
    仁木 宏氏(大阪市立大学、中近世都市史)「信長の『京都改造』―都市論からみる織田政権―
     浜中邦宏氏(同志社大学、考古学)「16世紀京都の考古学―寺院の発掘事例を中心に―
   コメント;高橋康夫氏(花園大学) 尾下成敏氏(京都大学)
  討論参加;河内将芳氏(奈良大学)
   コーディネーター;山田邦和氏(同志社女子大学)

   *河内さんの御著書をお読みいただいてから参加いただくのが望ましいですが、お読みでない方にも十分理解いただけるように配慮します。
*事前の申込不要。一般来聴歓迎。    *当日、資料代をいただきます。

  主催  平安京・京都研究集会
電子メールにて今後の開催案内が必要な方は、事務局(山田、FZK06736@nifty.ne.jp)までその旨、お聞かせください。集会案内のHP http://ucrc.lit.osaka-cu.ac.jp/niki/kenkyu/staff.html
世話人;上杉和央、中村武生、仁木 宏、浜中邦宏、福島克彦、桃崎有一郎、山田邦和、山本雅和
問合先;  平安京・京都研究集会事務局(山田方) 090-9697-8052

◆平安京・京都研究集会 今後の予定
  ・2011年12月? 「足利義満と北山殿・金閣」


2011.07.16

映画「祇園祭」、の巻

110716
 7月15日(金)
 「古代文化」の編集委員会。京都文化博物館が7月9日にリニューアルオープンしたので、やっと自由に出入りすることができるようになった。なお、京都文化博物館のリニューアル、「古巣」であるだけに、良くも悪くもいろいろと感じることがある。
 せっかく祇園祭の最中、山鉾巡行の宵山前日(通称「宵々山」)なのだからということで、浴衣姿ででかける。会議が終了した後には、ウチの奥さんを呼び寄せて、博物館の映像ホールで映画「祗園祭」を鑑賞。今回の博物館の改装で、確かに映像ホールだけは抜群に良くなった。スクリーンも客席も広がったし、座席も映画館なみのゆったりとしたシートになり、ありがたい限りである。映画「祗園祭」はDVDにもビデオにもなっていないし、テレビで放映されることもないし、他の地域の映画館で上映されることもほとんどない。一年に一回、祗園祭の時に京都文化博物館映像ホールでだけ、鑑賞することができる。数年前に最新の映像技術を駆使してカラー補正をおこなったそうで、色鮮やかに甦っているのが嬉しい。しかも、今年からは鮮明な大画面で見ることができる。
 映画は文句なしの大傑作。「時代」を感じさせるところはあるけれども、とにかくスタッフも出演者も「やる気」がもの凄い。若き岩下志麻の美しさ、三船俊郎の「馬借」のハマリ具合、小澤栄太郎の曲者町衆、下元勉の心優しい山科言継も見モノである。
 映画に満足した後、宵山前日に繰り出す。今年の厄除けの「ちまき」は鈴鹿山で入手。町角のヴェトナム料理店で立ち食いとカンボジア・ビール。そのあと、ウチの奥さんお気に入りの居酒屋で一杯。

 【書いたもの】
■山田邦和「京都都市遺跡の調査と保存」(『明日への文化財』65号掲載、所沢、文化財保存全国協議会、2011年6月15日)、12〜25頁。


« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »