« 2014年7〜8月の記録、の巻 | トップページ | 青木博彦『大文字古記録の研究』、の巻 »

2014.08.25

新・清須会議、の巻

Photo(← 犬山城天守<西から>。南から見るのが「正面」なのだが、西から見るとまた違った風情にみえる)

 8月22日(金)〜24日(日)
 「守護所シンポジウム2@清須/新・清須会議」。つまり「2004年8月に開催された守護所シンポ@岐阜から10周年になる 2014年8月23日(土) ・24日(日)、愛知県清須市にて、守護所シンポ2(新・清須会議)を開催します。同シンポでは、守護所・戦国期城下町の調査・研究事例を全国からもちより、16世紀の城下町研究の集大成を目指しています」という研究会。この日の本番をめざして、2年ほど前から何回も何回もプレ・シンポジウムや遺跡巡見が積み重ねられてきており、私もできるだけ参加させていただいていた。とにかく、現地を踏みながら学べるというのが何よりの魅力である。

 前泊することにして、金曜日に名古屋入り。そこから、犬山城と城下町の見学にでかける。子供の時に来た以来だから、ほとんど初めてに近い。犬山城々下町は、本町通を中心にして地域起こしが進んでいて、なかなかに楽しい。一軒のお土産物屋さんでは、城郭研究の基本史料のひとつである山縣大貳の『主図合結記<しゅずごうけつき>』の精密な復刻版を入手することができる。これは思わぬ掘り出し物だぞ(o^-^o)。それから、岩田義一(夢楽童)さんという画家がお店を出しておられる。当世では珍しくなった肉筆の絵馬の専門家。前から欲しかった「乳絞り」絵馬があったので、分けてもらう。

 犬山城の下まで来た頃に、雲行きが怪しくなる。これはヤバい、と思ってあわてて天守に昇る。さすがに現存最古級の城郭建築で、見応えは抜群。最上階からの木曽川の展望もバツグンである。周りを眺めると、ちょうど岐阜のあたりに真っ黒い雲がかかって、大雨の様子。雷も光っている。なんだか自分も戦国の武将のひとりとなって、金華山方面の合戦を眺めているような気分になる。それにしても風が強い。あおられて天守最上階から落ちでもしたら目もあてられないことになるな(笑)。

 土曜日・日曜日はシンポジウムの本番。午前中には愛知県埋蔵文化財センターで清須城下町の発掘にずっとたずさわっておられるS木M貴さんのご案内で、清須城下町跡の巡見。現在見ている「清須古城跡」などの遺構は、実は信長の段階ではなく息子の信雄の時の大改修の産物であることを学ぶ。

 シンポジウムで驚いたのは、豪華絢爛な資料集。300数十頁、オールカラーという大冊である。こんなにリキのはいった資料集、そうそうお目にはかかれないぞ。しかも、これが無料配布というのであるから(仁木宏さんの科研費のおかげ)、もはやそちらに足を向けては寝られないのである。もちろん本番のシンポジウムも充実した内容。討論では、司会の仁木さんから御指名いただいたので、ひとことだけ発言をさせてもらうことができた。

 終了後、すぐに帰ろうかと思ったのだが、Y村A希さんから清須城下町の南端の虎口の話などを聞いていたので、急にその跡を見たくなった。次に来るといっても何時になるかわからないからな。そちらをめざして歩き始めたのだが、地図とにらめっこしながらではあるのだが、なにせ土地勘のないところであるから、ややもすると道に迷ってしまう。困惑顔でウロウロしていると、同じ方向を目指していたY村さんとバッタリ、一緒に回らせてもらえることになった。Y村さんというと、今や押しも押されぬ歴史地理学の中世都市史研究のトップランナーのおひとりなのだから、これは実にありがたい僥倖なのである。と、いうことで、前日の巡見と併せて、清須城下町の大半の部分をひととおり見ることができた。
 名鉄の「丸の内駅」という、名前は壮大だが(?)小さな小さな駅で乗車。名古屋駅から帰洛の途につく。


« 2014年7〜8月の記録、の巻 | トップページ | 青木博彦『大文字古記録の研究』、の巻 »