« 2014年12月、の巻 | トップページ | 2014年、やったこと、の巻 »

2014.12.28

工藤静香2014年クリスマス・ディナー・ショー、の巻

2014

 12月25日(木)
 年に一度の、自分へのご褒美。工藤静香クリスマス・ディナー・ショー。今回はホントのホントのクリスマス、12月25日である。しかも、会場は京都ホテルオークラ! これまではたいてい、関西では大阪だけだったので、そこまで出かけていた。年によっては関西ではおこなわれないこともあったので、その時には無念の涙を呑んでいたのである。それが今年は、京都! 静香さんのクリスマス・ディナー・ショーが京都でおこなわれるのは、おそらく始めてだと思う。ありがたいことである。さらに、「ディナーショーに行きたい!」というウチの奥さんまでついてきた。これも、私にとっては始めて。

 午後、図書出版文理閣での打ち合わせを終えて、いったん帰宅。しばし休息をとってから出発すると、19時半の開場にちょうど間に合う。会場には例によって、静香さんの最新の画が展示されている。20時〜21時10分、ディナー。メニューの通り、結構な内容でした。

 去年の大阪は会場が横長で難儀したのであるが、今回は縦長の部屋なので、舞台が良く見える。20時10分、ショーの開始。静香さん、純白のキラキラドレスでの登場である。静香さん、最近、これまでのトレードマークだったロングヘアーをバサリと切ってショートカットにした。ネットを見ると、「工藤静香ショートでイメチェン、めっちゃ綺麗になった!」と好評である。会場でも「し〜ちゃん〜! なんで髪、切ったの〜?」という質問が飛んでいた。本人の弁によると、以前から切りたかったのであるが、御夫君が納得されていなかった。それが最近になって急に、「イイんじゃない」ということになった、とのことである。
 曲目は、声を聴かせて、メタモルフォーゼ、僕よりいい人と・・・、Blue Velvet(ドラム伴奏)、Rumour Has It (共:坪倉唯子)、(間奏:坪倉唯子独唱)、めちゃくちゃに泣いてしまいたい(握手タイム)、FU-JI-TSU~私について~ブリリアント・ホワイト~黄砂に吹かれて、嵐の素顔、ワインひとくちの嘘(アカペラ)、単・純・愛vs本当の嘘(新曲)、〈アンコール〉千流の雫。
 バックはおなじみの坪倉唯子さん。間奏の際に、彼女のパワフルな独唱が聞けたのもお得である。さらに、中島みゆき+後藤次利のゴールデン・コンビのバックを受けた新曲「単・純・愛vs本当の嘘」も初のお披露目である。

 陶酔、そして最高のクリスマスだった。ありがとう!


« 2014年12月、の巻 | トップページ | 2014年、やったこと、の巻 »