« 萩本勝先生をおくる、の巻 | トップページ | 御廟野古墳立ち入り、その他の2月の日記、の巻 »

2015.01.29

乙訓周回と念仏行脚、の巻

Img_0007_4(←恵解山古墳)
1月24日(土)
 運転免許証の更新に行かねばならないので、朝早くに家を出る。どういうわけか、妻も同道。午前の入場時間に間に合うかな?と、ちょっとアセりながらクルマを走らせる。時間ギリギリに羽束師の運転免許試験場に到着したが、遠目に見てもなんだか雰囲気がおかしい。ありゃ、門が閉まっている! 試験場、土曜日が休みだなんて、ぜんぜん知らなかったぞ!
 ムダ足を踏んだ、とムクれる妻をなだめながら、しかし転んでもタダではおきない。せっかく来たのだから、いくつか見たいところがある。まずは、恵解山古墳(いげのやまこふん)。北山城では最大の前方後円墳である。以前はよく来ていたのだが、去年、長岡京市によって公園化の工事が完成し、ピカピカの、できたてホヤホヤの古墳となった。このように古墳を公園化する際、どこまで復元するのがいいのかというのはいささか難しい問題だと思っている。円筒埴輪の復元品が並べられているが、これは、よくあるプラスチック製ではなく、ちゃんとした焼物での復元品である。質感は良いのであるが、損壊した時にはどうするのかな?、と心配になってしまう。

 次は、恵解山古墳の近所にある長岡京市立中山修一記念館。いわずと知れた、長岡京研究の大先達である。生前の中山先生が書斎に使われていたという座敷に座り、しばし先学の偉業に想いを馳せる。

 それから、大山崎町歴史資料館。親しい研究仲間のひとりである福島克彦さんが館長を努めておられるのであるが、いきなりの訪問だったのでびっくりさせてしまった。

 そして、向日市文化資料館。ちょうど、企画展「長岡宮発掘」を開催しているのであるが、なかなか見にこれなかった。特に、長岡京研究の先駆者のひとりである小林清氏の業績にスポットをあてているのが興味深い。小林氏は向日町(当時)の町民で、もともとは研究とは無縁であったのであるが、たまたま長岡宮大極殿跡の近接地に土地を所有していたことから、中山修一先生の熱意にホダされる形で発掘調査に参加し、それから考古学の研究を始めたのである。それも、アマチュアの知ったかぶりなどでは全然なく、数々の先駆的な論文を公表していったのだから凄い。小林氏の研究は最後に『長岡京の新研究』という著書にまとめられて今も光を放っているのである。ただひとつ残念なのは、小林氏はこの本が刊行される直前にお亡くなりになってしまったということである。じっくりと展示を拝見したあと、館長の玉城玲子さんにご挨拶。
 

Img_0053_3(総本山光明寺での念仏行脚)
 買い物を済ませて帰宅してホッコリしていると、妻が突然、アタシはもう一度出かけてくる、と言い出す。浄土宗の諸宗派の共同の催しとして、念仏行脚があるのだという。浄土宗の宗祖である法然上人が遷化の後、上人の遺体は一旦は太秦に安置された。しかし、他宗派の強硬派の弾圧によって上人の遺体が損壊されることを恐れた信徒たちは、密かに上人の遺体を乙訓郡に運び、そこで荼毘に伏した。これが総本山光明寺(通称:粟生光明寺)の由来なのだという。この故事にちなみ、毎年この日の深夜、数百人の僧侶と信徒が太秦から光明寺までの15kmを四時間以上かけて念仏を唱えながら行脚する。実は、ウチのお墓のあるお寺は蹴上の安養寺といい、光明寺を総本山とする西山浄土宗に属している。つまり私にとっても、光明寺はウチの御本山だということになるから、縁はおおありであるのだが、今までは参加したことはなかった。これもいい機会だ。私もついて行くことにする。もっとも、寒空の深夜の15kmの行進は御遠慮申し上げて、ゴールの光明寺で待ち構えるだけである。
 光明寺の門前で1時間くらい待つと、どこからか鉦の音と、ひそかな念仏の合唱が聞こえてくる。来た!、というので飛び出る。光明寺の山門から境内の円光大師(法然上人)荼毘所までだけ、私たちも念仏に加わることになった。良い経験だった。

 1月25日(日)
 京都府埋蔵文化財調査研究センターが、京田辺市の松井横穴群の発掘調査をおこなっている。現地説明会があるというので、でかける(現地説明会資料のダウンロードはこちら)。70基にもおよぶ大量の横穴(学界では「オウケツ」と発音されているのであるが、私としては、素直に「ヨコアナ」または「ヨコアナボ(横穴墓)」と発音した方が良いと思っている)は、少なくとも近畿地方では滅多にお目にかかれない壮観である。小さな土師質陶棺があることも興味深い。

« 萩本勝先生をおくる、の巻 | トップページ | 御廟野古墳立ち入り、その他の2月の日記、の巻 »