« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015.03.30

荒木集成館を訪ねる、の巻

Img_0001(←荒木集成館)

 3月26日(木)
 京都府立文化芸術会館での文楽公演を見る。

 3月27日(金)
 栄中日文化センターの講座があるので、名古屋行き。そこで、ちょっと早く出立して、荒木集成館を訪れることにした。

 荒木集成館は、名古屋市天白区にある博物館である。創設者は名古屋で中学教員をしていた荒木実先生。教師といっても荒木先生は、もともと社会科や日本史を専門とされたのではない。名古屋薬学専門学校を卒業して、将来は薬剤師の道を進むはずだったのが、戦争で中断した。そして、名古屋の中学の教員募集に応じて、理科の先生になられた。中学校では理科のクラブ活動を率いて、鉱物研究などもされていたのだという。

 その荒木先生の生涯を変えるできごとがおきたのは、昭和27年(1952)12月18日。鉱物好きの生徒のひとりが、たまたま拾った小さな土器の破片を持ってきたのだという。その当時の荒木先生は考古学的な知識はまるでなかったのだが、生徒が土器片を採集した場所を訪ねると、同じような遺物がゴロゴロしている。それをきっかけに荒木先生は遺跡を探し歩き、独学で考古学の研究をはじめたのである。そして、荒木先生の主要なフィールドとなったのが、古墳時代から平安時代にかけて操業した須恵器・灰釉陶器・緑釉陶器の一大生産地「猿投山西南麓窯址群東山支群(東山窯址群)」なのである。

 ここまでならば、一昔前にはよくあった話なのであるが、荒木先生の凄いところは、こうした自分の研究を元として、私立の博物館の創設に邁進したことである。そして、コツコツと貯金して、昭和45年(1970)に自宅の庭のスペースを利用して「荒木集成館」を建ててしまったのである。この頃の集成館の建物は知らないのだが、残されている図面を見ると、展示室と事務室あわせて10坪(35㎡ほど)の小さな小さな博物館だったらしい。さらに昭和53年(1978)の末に、天白区に移転し、建物も大きくなった。組織も財団法人に改められた。そして、一昨年には公益財団法人に改められて現在にいたっている。

 私が荒木集成館を訪れたのは、確か大学の4回生の時だったと思う。私が4回生というと昭和55年(1980)だから、集成館が天白区に移転して拡張オープンして間もなくの時だったことになる。卒論の資料集めで、東山窯址群の須恵器や埴輪を調査するのに、同級生の服部伊久男氏(現・大和郡山市教育委員会)と同道して名古屋大学考古学研究室、名古屋市見晴台考古資料館と並んで訪れたのがこの博物館だった。荒木先生にお目にかかり、次から次へと先生の調査された窯址の出土須恵器を出していただき、夢中で図面を描き、写真を撮らせていただいた。卒論をもととした論文で、事実上の私の学界へのデビュー作となった「須恵器・その地域性」(同志社大学考古学シリーズI『考古学と古代史』所収、京都、同志社大学考古学シリーズ刊行会、1982年。後、山田邦和『須恵器生産の研究』〈東京、学生社、1998年〉に収載)は、この時の成果である。荒木先生に論文の抜刷を送ったところ、大変に喜んでいただいた返事を頂戴したことも嬉しかった。

 ただ、その後はずっとこの博物館にはご無沙汰になってしまった。その間、荒木先生も平成17年(2005)に死去されたということを風の便りに知った。たまたま、荒木先生の伝記である近藤雅英『土器は我が胸にささやく—小説・荒木集成館物語—』(春日井、羅針盤、2004年)を入手して読み、ありし日の先生の温顔を思い出すことになった。その思いを再確認するために、久々の再訪問となったのである。突然の訪問であったが、荒木正直理事長(荒木実先生の甥)と、淡河理事にお目にかかり、いろいろと話を聞くことができた。ありがたいことである。なお、荒木理事長、叔父の実先生の後を継いでこの博物館の運営にあたっておられるのであるが、聞いてみると、もともとはぜんぜん畑違いの仕事についておられたのであるが、とにかく叔父さんの熱意を伝えていきたいという思いでこの博物館を受け継いだのだという。
 なお、いまの荒木集成館の開館日は金・土・日の週3日になっている。確かめずに行ってしまったのであるが、この日がたまたま金曜日で良かった・・・
 荒木集成館、今の建物は鉄筋2階建て235㎡の本館に倉庫を附設している。当初の建物から比べると大幅な増床であるが、今時の大規模な博物館を見慣れた眼には小さな小さな博物館に見えることはまちがいない。しかし、私はやはりこの博物館に感動する。荒木実というひとりの個人の熱意と情念が、展示物のひとつひとつ、建物の隅々まで染み込んでいるような気がするのである。以前、このブログにも、"すばらしき「アマ博物館」"ともいうべき森浩一先生の旧・同志社大学考古学資料室のことを書いた。この荒木集成館についても、同じ賛辞が与えられるべきだと思う。

 私は、私の大学の「博物館概論」の授業の中で、こうした個人の「情念」の塊ともいうべき博物館をとりあげることにしている。そして、その実例として、必ず荒木集成館を紹介しているのである。

 【書いたもの】
■山田邦和「書評/著・上田正昭『「古代学」とは何か—展望と課題—』」(『京都民報』第2681号〈2015年3月29日号〉掲載、京都、京都民報社、2015年3月29日)、5頁。

2015.03.24

京都文化博物館「京を描く」「近世京都の考古学者たち」展、そのほか3月の記録

Img_0_m_2

 2月25日(水)
 東京行き。

 2月28日(土)
 京都文化博物館での特別展「京を描く—洛中洛外図の時代—のオープニング。会期は3月1日〜4月12日。いや、凄い展覧会である。戦国期に景観年代を持つ「洛中洛外図屏風」は、歴博甲本(町田家本)、上杉家本、歴博乙本(高橋家本)、東博模本の四種が知られている。この展覧会では、上杉家本だけは複製の展示だが、そのほかの三種は前期と後期に分けてホンモノが出陳される。その他にも、近世の洛中洛外図屏風の優品が目白押し。さらに注目されるのは、太田記念美術館蔵「洛外名所図屏風(京名所図屏風)」や、現存最古の京都の地図である「京都図屏風」も展示されることである。前者は、1990年代後半に所蔵館で展示されてから「知る人ぞ知る」というようになった資料なのであるが、1998年に京都文化博物館で私が主担当となって「京都・激動の中世」展をおこなった際、ぜひこの作品を借用したいとして交渉した経験がある。しかし、所蔵館としては外部に出品するのはもうちょっと自分の館で研究を重ねてからにしたい、ということで、借用はかなわなかったのである。その代わりとして、写真パネルの展示だけは許可していただいた(ただし、図録掲載は無理だった)。現物が展示できなかったのは残念だが、少なくとも所蔵館以外では初めて人目に触れたことになるだろうし、「この資料、凄い!」という反響も多くいただいた。その後、2005年に九州国立博物館が開館した時『開館記念特別展 美の国日本』がおこなわれ、その時に、初めての所蔵館外の展示が実現したのである。それから10年、この作品を京都文化博物館で見ることができるというのであるから、私にとっても、ちょっと感無量である。

 なお、もうひとつ見て欲しいのは、京都文化博物館2階で4月19日まで開催中の総合展示「近世京都の考古学者たち」。なかなかにシブい展示であるが、学ぶところは大である。実は、この展示には私の所蔵品も出品されている。藤原貞幹作と推定される古瓦の拓本集と、「文化山陵図」、「日嗣御子御陵(元禄山陵図)」の3点である。私のコレクションがこういうところにも役だてていただき、嬉しい。

 3月4日(水)
 旧友の寺升初代さんとともに、滋賀県立近代美術館の「見つめて、シェイクスピア!展」。

 3月6日(金)
 醍醐寺において、テレビ撮影。残念ながら、日程が合わずに、期待していた女優・高島礼子さんとの共演はかなわず。

 3月7日(土)・8日(日)
 条里制・古代都市研究会の総会・大会

 3月9日(月)
 わが大学の、一般入試(後期日程)の監督業務。やはり監督というのは緊張し、いささかくたびれる。

 3月13日(水)
 朝日カルチャーセンターの講座で、本能寺跡の巡見。
 昼からは、某機関での会議。脱力。

 3月14日(土)
 前近代都市論研究会。大田省一さん(京都工芸繊維大学)から、ヴェトナムの都市の最新研究の状況を聞かせていただく。

 3月15日(日)
 パネリストとして招いていただいたので、京都府与謝野町での「天橋立世界遺産シンポジウム」。
 帰路には、宮津の市内で名物の「いわし鮨」をお土産に購入。帰宅後に食べたら、めっぽう美味。もい一箱買ってくればよかった・・

 3月16日(月)
 野村美術館の桐山秀穂さんが来学。次年度から、ウチの大学の非常勤として教えに来てもらえることになったので、その打ち合わせと学内案内。帰りは、京都駅付近でおいしい鳥料理で盛り上がる。

 3月18日(水)
 京のふるさと産品協会の委員会に出席してから、中途退席させてもらって、わが大学の卒業式。

 3月20日(金)
 古代学協会で奨励研究員をつとめていただいていた山本亮さんが無事「卒業」して就職されるので、送別会。ご苦労様でした。

 3月21日(土)
 京都コンサートホールの「きものクラシックコンサート」にでかける。「きものの日」とやらで、和服を着てこれる人をご招待という企画である。朝っぱらから、しばらく着ていない着物を引っ張り出して、大騒ぎ。曲目はモーツァルト:「フィガロの結婚」序曲、ビゼー:「カルメン」組曲、ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」とポピュラーなものばかり、指揮はブルガリアの若手で、同国ルセ州立歌劇場首席客演指揮者をつとめるロッセン・ゲルゴフ。緩急の幅の大きい、ロマンティックな音楽作りである。

 3月22日(日)
 京都の木屋町の高瀬川沿いに旧・立誠小学校がある。小学校が閉校してからは、その校舎を利用してさまざまな芸術活動の拠点となってきた。この一角に「立誠シネマ」がある。通常の映画館ではやれないようなマニアックな映画を上映している。ここで、3月21日〜27日に「ヨリ道ノススメ立誠篇〜怪奇と恐怖と映画の魔〜」という企画がある。かつての円谷プロの傑作シリーズ、「怪奇大作戦!」「恐怖劇場アンバランス!」のセレクト作品を上映するというのである。両方ともDVD録画はしているのであるが、映画館で見るのも一興と思い、出かける。22日は「怪奇大作戦!第5話「死神の子守唄」。同シリーズの中でも名作中の名作である。旅に出た娘たちが次々に死んでいくという子守唄のとおりに連続殺人がおこなわれるという奇妙なストーリーであるが、その奥底にあるテーマは、限りなく暗く、そしてやりきれない。
 思わぬ拾い物だったのは、この日だけの特別プログラムとして上映された、高橋洋(脚本・監督)『旧支配者のキャロル』(2011年作品、出演:松本若菜、中原翔子、津田寛治、本間玲音、伊藤洋三郎)。キャッチコピーでは「映画学校の卒業制作の監督に選ばれたみゆきは、講師であり、憧れの女優でもある早川ナオミに出演を依頼する。みゆきは監督という大役に全力を尽くすが、ナオミが科す試練はあまりに過酷だった。現場は熾烈を極めていく……」となっている。いや、これはすごかった。最初から最後まで、異様な緊迫感がたまらない。松本若菜、中原翔子のふたりの女優のぶつかりあいが火花を散らす。やっぱり、幽霊とか妖怪よりも、一番コワいのは生きた人間だよね。予告編はこちら世評はこちら

【しゃべったこと】
 ■宗田好史(コーディネイター)、高原光・山田邦和・岩田信一・河森一浩(パネリスト)「パネルディスカッション」(京都府・天橋立世界遺産登録推進事業実行委員会・天橋立を世界遺産にする会〈主催〉「天橋立世界遺産シンポジウム—天橋立を世界遺産に!美しいふるさとを子ども達に残そう—」、於与謝野町生涯学習センター知遊館、2015年3月15日)。
【提供・協力】
△京都文化博物館総合展示(主催:京都府、京都文化博物館)世界考古学会議京都開催決定記念「近世京都の考古学者たち」(2015年2月7日~4月19日)
 〜展示協力〈展示資料出品〉

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »