« パソコン不調中にて失礼します | トップページ | 博物館三昧、の巻 »

2015.08.04

2015年5~7月の記録、の巻

Img_0057_2
←祇園祭南観音山の「あばれ観音」

 しばらくのご無沙汰となってしまった。とにかく、メイン・マシンとして使っているパソコンが急に大往生。確かに、以前からちょっと調子がおかしかったのであるが、まだまだ持つだろうと一人合点していたのがいけなかった。使用していると突然プツッと画面が暗くなってしまい、何回再起動をかけても、電気は通っているのにもかかわらず立ち上がらない。おそらくCPUがやられたのだと思う。不幸中の幸いだったのが、MacのTime Machineを稼働させていて外付けハードディスクに自動でバックアップがとられていたこと。さらに、ちょうど執筆中の原稿があるのだが、大学のパソコンでも作業するということで、内蔵ハードディスクではなく外付けのUSBメモリーに入れていて、これが助かったこと。もしこれでバックアップをとっていなかったらデータを救い出すことができず、私自身、再起不能のダメージを受けただろうな。バックアップの重要性が骨身にしみた。
 古いパソコンを引っ張り出してしばらくは代役を務めてもらうのだが、当然のことながらこれは暫定措置。新しいパソコンを買うことになり、予定外のかなりの出費。しかも、注文はしたものの、海外生産とやらでなかなか入荷日がわからない。一日千秋の思い、とはこのことである。やっと到着したものの、以前の環境を復活させるのにまたまた大汗をかく。特に、電子メールの設定がうまくいかず、どういうわけか受信はできるが送信が不能とか、いじっているうちにそれが逆転して送信は可能だが受信が不可とかいうことになってしまい、振り回される。
 さらに、従来から使っていたアプリケーションの中で、新しいパソコンではもはやサポートされておらず、使用できないものが多数出現。特に、AdobeのPhotoshopやらIllustratorやらは私にとっては必需品なのだが、今持っているヴァージョンのものは使えないことになる。泣く泣く、新たなものを買い直そうとするのであるが、知らない間にAdobe社の方針が変わってしまったとやらで、従来のようなパッケージに入れたディスクによる販売は終了しており、契約によるリース方式になってしまっている。その契約をするのにも、またまた物入りで、さらに手間もかかる。疲労困憊の日々であった(泣)。

 この間の動向、備忘録としてまとめておこう。


5月16日(土)
 歴史学の研究と若手芸術への援助を目的として新たに設立された、一般財団法人朱雀基金(沖見勝也理事長)の第1回研究会。「天皇陵問題の展望」を話す。

5月22日(金)~24日(日)
 東京行き。日本考古学協会総会(於帝京大学)出席。ついでに高千穂大学に寄り、桃崎有一郎さんと新しい書物についての打ち合わせ。

5月29日(金)
 京都アスニーで「後白河法皇の院御所・法住寺殿」を話す。

5月30日(土)
 京都府立鴨沂高校の建て替えにともなう「寺町旧域・法成寺跡」の現地説明会に参加。綺麗に並んだ墓群に、感激。

5月31日(日)
 1617会で、大阪・天満を歩く。

6月1日(月)
 学生の教育実習校訪問で、大阪の大谷高校。午後は、京都文化博物館の「大関ヶ原展」オープニングに出席させていだたく。

6月5日(金)
 テレビ撮影(KBS京都)打ち合わせ。

6月6日(土)
 第30回平安京・京都研究集会「室町将軍と居館・山城―権力・器量・武威―」。

6月7日(日)
 京都文化博物館OB会。午前だけで失礼して、午後はJR東海の仕事で豊国神社。

6月13日(土)
 花園大学考古学研究室総会に出席。

6月14日(日)
 朧谷寿先生を囲む「10年会」。三条堺町のいづつ屋で、楽しいひととき。

6月18日(木)
 「調査検証委員」をやらせてもらっている伏見・指月城跡の発掘調査で、報道発表に先立っての視察。

6月20日(土)・21日(日)
 城下町科研・福井研究集会「中近世移行期越前国における都市・地域・権力」― 一乗谷から北庄(福井)へ ―」(於福井市地域交流プラザ)に参加。北ノ庄城跡・福井城跡を丹念に回らせていただけたことがありがたい。

6月22日(月)
 大学で、朧谷寿名誉教授の特別講義を聴講。

6月24日(水)
 大学の「現代社会学会総会」と、クラブ顧問会に出席。

6月25日(木)
 午前は、ウチの大学の今出川キャンパスを使わせてもらって、KBS京都のテレビ撮影。

6月26日(金)・27日(土)
 全国大学博物館学講座連絡協議会の全国大会のため、千葉の江戸川大学に出張。平地の真ん中につくられた関宿城が面白い。

7月4日(土)・5日(日)
 帝京大学文化財研究所(山梨県笛吹市)の第13回「考古学と中世史シンポジウム」に参加。今回のテーマは「考古学は中世を語れるか」。

7月9日(木)
 同志社大学考古学実習室定例研究会に参加。発表は長野県文化財センターの川崎保さん。

7月10日(金)
 雑誌の取材で、東寺と神泉苑。夜はウチの奥さんのお供で、元・祇園の芸妓さんのジャズシンガーMakotoさんのミニ・ライヴに参加。

7月11日(土)
 特定非営利活動法人京都歴史地理同考会(中村武生理事長)による「久坂玄瑞・吉田稔麿・寺島忠三郎等ゆかりの地、池田屋事件 望月亀弥太終焉伝承地」(法雲寺)の除幕式に参加させていただく。
 夕方。妹が大阪から東京に転勤になるので、その壮行会。

7月12日(日)
 わが大学の「京都研究会」の見学会の引率、六波羅蜜寺・建仁寺などを回る。

7月18日(土)
 島根県立八雲立つ風土記の丘展示学習館の企画展「八雲立つ出雲と近つ飛鳥~出雲と河内の群集墳~」。これの「関連講演会」に呼んでいただく。実はこの博物館での講演、3年前にもやるはずだったのだが、私が急病で倒れたためにドタキャンになってしまってご迷惑をかけてしまった。それにもかかわらずまたお声がけをしていただき、嬉しい。松本岩雄所長、高屋茂男所長補佐のご厚意に、感謝。台風の来襲が心配であり、実際に関西のJR在来線はほとんど停止していたのだが、なんとか松江までたどり着くことができる。

7月19日(日)
 せっかく出雲に来たのだから、すぐに帰るのはもったいない。花園大学考古学研究室の卒業生の高橋誠二氏(雲南市教育委員会)のご厚意に甘えて車を出してもらい、須我神社、加茂岩倉遺跡、岩屋後古墳、神原神社古墳、荒神谷遺跡・博物館、出雲弥生の森博物館・西谷墳墓群、古代出雲ミュージアムと盛りだくさんの見学を果たすことができる。

7月21日(火)
 2講時の「応用演習」(3回生ゼミ)は現地見学に振り替えて、祇園祭後祭の宵山見学。

7月23日(木)
 晩に、ウチの奥さんと、祇園祭後祭の宵山にでかける。人混みに紛れてそぞろ歩いていると、突然「山田さ~ん!」と声をかけられる。アレっと思って振り返ると、嬉しいことに山村亜希さんだった。山村さん、新任の大学での怒涛の春学期が終わったばかりで、やっと一息つけての宵山散策なのだという。偶然の出会いに歓喜し、せっかくだからお酒と食事にお誘いしての談論風発。ハッと気づくともう夜遅くなっていたのだが、かえってそれが幸いして南観音山の「あばれ観音」を見ることができる。

7月25日(土)
 来年に同志社大学を会場としておこなわれる「世界考古学会議(WAC-8)」の運営母体として設立された特定非営利活動法人WAC Japan(世界考古学会議日本)の2015年度総会。

7月26日(日)
 京都市学校歴史博物館の「戦争と学校―戦後70年を迎えて―」展の見学。

7月27日(月)
 図書出版文理閣で、仁木宏さん、黒川美富子さんと、遅れている本の出版の最終打ち合わせ。
 五条坂の藤平陶芸さんに立ち寄って、戦争中の「陶製手榴弾」を復元した一輪挿しという、ちょっと変わった買い物。

8月1日(土)・2日(日)
 花園大学の「京都学講座」の2日目と3日目。高橋康夫先生の「京都・岡崎の文化的景観」、廣庭基介先生の「京都の石造物から見た神仏習合と神仏分離の痕跡」、明珍健二さん、伊ヶ崎鷹彦さん、梅本直康さんの「京町家 梅忠町を復元する」。いずれも目からウロコが落ちるどころか、目から緞帳が落ちるような新発見の連続。私は「平安京の都市とくらし」を話す。花園大学で教壇に立つのは、8年ぶり。案じていたのであるが、花園大学の懐かしい皆さんに温かく迎えていただき、安堵。終了後は、この講座の担当である考古学の高橋克壽さんと日本古代史の中野渡俊治さんと、さらに新任で日本中世史の平井上総さんをお誘いして、ミニ宴会。

【書いたもの】
■山田邦和「儀式用に特化 出雲型子持壺」(『山陰中央新報』2015年7月16日号掲載、松江、山陰中央新報社、2015年7月16日)、23頁。

【かかわったもの】
■森浩一『森浩一著作集1 古墳時代を考える』(森浩一著作集編集委員会編〈編集委員:前園実知雄・松藤和人・今尾文昭・玉城一枝・中村潤子・山田邦和・鋤柄俊夫・門田誠一・坂靖・青柳泰介、第1巻編集担当:前園実知雄・今尾文昭・坂靖〉、東京、新泉社、2015年8月15日)、全303頁。

【しゃべったこと】
⬜︎山田邦和「天皇陵問題の展望」(朱雀基金研究会、於京都大学人文科学研究所本館、2015年5月16日)。
⬜︎山田邦和「後白河法皇の院御所・法住寺殿」(アスニーセミナー、於京都アスニー、2015年5月29日)。
⬜︎仁木宏・山田邦和(司会)、山田康弘・馬瀬智光・福島克彦(パネラー)「討論」(第30回平安京・京都研究集会「室町将軍と居館・山城 ―権力・器量・武威―」、於機関紙会館、2015年6月6日)。
⬜︎山田邦和(講義・案内)「東山七条 秀吉栄華の跡を歩く―大坂夏の陣から400年―」(JR 東海 京都・奈良・近江文化情報事務局〈主催〉JR東海「そうだ京都、行こう。」オリジナルイベント、於豊国神社社務所、豊国神社・耳塚・方広寺・大仏殿跡・新日吉神宮・智積院を見学、2015年6月7日)
⬜︎山田邦和「装飾付須恵器からみた畿内と出雲」(島根県立八雲立つ風土記の丘展示学習館「風土記の丘教室」、於同館、2015年7月18日)。
⬜︎山田邦和「平安京の都市とくらし」(花園大学「2015年 京都学講座~京のくらし―平安京から現代まで―」、於花園大学無聖館ホール、2015年8月2日)。

【テレビ出演】
⬜︎「京都ふしぎ百物語」(KBS京都、2015年7月10日)(BS11、7月11日)。

【社会活動(終了)】
⬜︎公益財団法人古代学協会 理事(~2015年6月12日)

【社会活動(新規)】
⬜︎有限会社京都平安文化財 伏見城跡(指月城)調査検証委員会 委員(2015年4月~)
⬜︎特定非営利活動法人WAC Japan(世界考古学会議日本) 会員(2015年5月31日~)
⬜︎京都文化博物館OB会 幹事(2015年6月7日~)
⬜︎一般財団法人朱雀基金 理事(2015年~)
⬜︎公益財団法人古代学協会 参与(2015年6月12日~)

« パソコン不調中にて失礼します | トップページ | 博物館三昧、の巻 »