« 2015年11月、やったこと、の巻(1) | トップページ | 隅田川の屋形船と花火、の巻 »

2015.11.29

2015年11月、やったこと、の巻(その2)

 この間、たまっていたものが一気に出たので、今年はなかなかの「豊作」の予定。

 この中では、「京都を舞台としたいくさ―中世初期の首都争奪戦―」(『第3回東海学シンポジウム2015 いくさの歴史―戦争の本質を見つめ直す』資料集所収、〈春日井〉、NPO法人東海学センター、2015年10月)が一気呵成に書いた、言いたい放題の力作(?)。建春門院平滋子サマについて「輝くばかりの美貌、卓越した知性、どんなアクシデントにも動じない胆力、冷静で的確な判断力、さらに、栄華にも驕り高ぶらない品性までをも兼ね備えたこの女性こそは、まさに平家一門の守護女神だったのである」と書いたら、シンポジウムで司会の福岡猛志先生(日本福祉大名誉教授)から、「この描写、それぞれ史料的根拠はあるんですか?」という御下問。御不審はもっともではありますが、もちろん私の空想ではなくそれぞれ典拠があることを述べたら、「なるほど、山田さんの『片想い』ではないんですね」と言っていただく。
 「研究」という点でもっとも重要なのは、「平安京の都市構造変遷」(『都市史研究』2掲載、東京、都市史学会、2015年11月)だろう。以前やった「『前期平安京』の復元」(山田『京都都市史の研究』所収)を継いで、中期・後期の平安京の都市構造を復元してみた。これで、平安京の変遷についての一応の見通しを示すことができたことになる。

« 2015年11月、やったこと、の巻(1) | トップページ | 隅田川の屋形船と花火、の巻 »