« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016.09.03

第8回世界考古学会議(WAC-8)、の巻

Photo

 2016年8月28日(日)~9月2日(金)に同志社大学を会場としておこなわれました第8回世界考古学会議(WAC-8)、無事に終了いたしました!

 WACは、世界的な考古学研究者の団体です。これまでも世界の各地でその大会がおこなわれてきました。私はこれまで、こんな大きな会に参加することはなかったのですが、今回は日本のしかも京都、しかも私にとっては母校である同志社大学でおこなわれるということになり、微力ながらお手伝いをさせていただくことになったのです。
 この話をいただいたのは2013年だと記憶します。その後、準備作業が進められるとともに、無数の関連イヴェントがおこなわれてきました。しかし、全体の規模が大きすぎて私にと到底全体像が把握できず、何をどうしていいのか、うろたえるばかりでした。結果、大した貢献ができないままに終わってしまい、まことに申しわけなく思っております。
 ただ、その中でも、公開講演会第2日「世界文化遺産と現代都市」の「コメント」、 セッション「T05-D The Comparative Urban Archaeology: Kyoto and Global Comparison of Cities」の共同オーガナイザー(メイン・オーガナイザーは若林邦彦さん〈同志社大学准教授〉)、同セッションでの報告「The Comparative study of Ancient Cities(比較古代都市史試論)」と、8月31日のエクスカーションの奈良ツアーの案内役(メインの案内役は網伸也さん〈近畿大学教授〉)をやらせていただくことができました。

 セッションでは、日本人研究者としては、WAC-8スタッフの若林さん、私、古川匠さん(京都府教育委員会)、網さんのほか、山中章さん(三重大学名誉教授)と小澤毅さん(三重大学教授)に報告をお願いし、さらにアメリカから村上達也さんが加わっていただきました(村上さんはディスカッションでの通訳まで買ってでていただき、これは大変大変助かりました)。良いセッションになったと、ありがたく思っております。

 この大きな会議が無事に終了したのは、WAC本体の会長の溝口孝司さん(九州大学教授)、京都大会実行委員長の都出比呂志先生(大阪大学名誉教授)をはじめとするスタッフの努力の結晶と思います。中でも特筆すべきは、実行委員会の事務局官房長をつとめられた津村宏臣さん(同志社大学准教授)の獅子奮迅、八面六臂ともいうべき奮闘でした。この方の大胆かつ繊細な指揮がなければ、とうてい何事もまわっていかなかったと思います。無線のレシーバーを携えて会場を隅々までを駆け回っている津村さんの姿を見ながら私は、そこに巨大なオーラが渦巻いているような錯覚すら覚えたのです。


◯ Organized: Local Organizing Committee for WAC-8, Co-sSponsared: Science Concil of Japan, Kyoto City Government, Managesd: World Archaeological Congress, NPO WAC Japan.
Local Organizing Committee of WAC-8 Kyoto 2016, Executiv: Guriisgu Tsude, Chair, Kazuto Matsifuji, Vice-Chair, Seigo Wada, Secretary-general, Takura Izumi, Academic Secretary, Katsuyuki Okamura, Deputy Directors-General, Hiro'omi Tsumura, Deputy Directors-General. Staff: Masashi Abe, Sahoko Aki, Nobuya Ami, Hidetaka Besho, Hiroshi Fujii, Takumi Furukawa, Hiroko Hashimoto, Kunihiro Hamanaka, Tetsuo Hishida, Yukisige Hirose, Kazuo Ichinose, Akira Igarashi, Tomohiro Inoue, Atsushi Ito, Hirofumi Kato, Hiroo Kansha, Yoshimi Kawashukuda, Hiroaki Kimura, Tamiki Kunishita, Seiji Kobayashi, Naoko Massumoto, Hiroshi Minami, Gen Miyoshi, Tae Mukai, Masakage Murano, Oki Nakamura, Tomoko Nakamura, Kazuhiro Nitta, Atsushi Noguchi, Shigenobu Oba, Mayumi Okada, Tomoko Okuda, Hideyuki Onishi, Ayako Shibutani, Takumi Sugiyama, Izumi Tachibana, Akiko Tashiro, Makoto Tomii, Tomomitsu Umase, Tomokatsu Uozu, Kunihiko Wakabayashi, Kunikazu Yamada, Kenichi Yano, Yasuyuki Yoshida, Hideo Yoshii, Kazuaki Yoshimura.
世界考古学会議第8回京都大会実行委員会=委員長: 都出比呂志 (大阪大学名誉教授)、副委員長: 松藤和人(同志社大学教授)、事務局長:泉拓良 (京都大学大学院特定教授)・和田晴吾 (立命館大学名誉教授)、事務局官房:岡村勝行(大阪文化財研究所)・津村宏臣(同志社大学准教授)、顧問:梅原猛(元国際日本文化研究センター所長)・長田豊臣 (立命館大学理事長)・松岡敬(同志社大学学長)・鷲田清一(京都市立芸術大学理事長)・大月均(元Panasonic代表取締役専務)実行委員:安部雅史・安芸早穂子・網伸也・別所秀高・藤井整・古川匠・橋本裕子・浜中邦弘・菱田哲郎・廣瀬時習・一瀬和夫・五十嵐彰・井上智博・伊藤淳史・加藤博文・間舎裕生・川宿田好見・木村啓章・國下多美樹・小林青樹・松本直子・南博史・光本順・三好玄・向井妙・村野正景・中村大・中村朋子・新田和央・野口淳・岡田真弓・奥田智子・大西秀之・渋谷綾子・杉山拓巳・橘泉・田代亜紀子・富井眞・馬瀬智光・魚津知克・若林邦彦・山田邦和・矢野健一・吉田泰幸・吉井秀夫・吉村和昭、サポーター:千葉豊・CKSCHスタッフ・舟橋京子・濱崎範子・東影悠・市川創・石村智・加藤紗代・河野一隆・川上洋一・木立雅朗・絹畠歩・小杉亜希子・上月克己・桑原久男・槙林啓介・丸山真史・松田度・松木武彦・宮本一夫・門田誠一・森本晋・中川和哉・中久保辰夫・新納泉・大貫静夫・西藤清秀・佐古和枝・佐々木憲一・佐藤洋一郎・関雄二・瀬口眞司・柴田将幹・清水邦彦・下垣仁志・白石華子・田尻義了・高橋克壽・高橋龍三郎・高宮広土・田中裕子・種定淳介・寺前直人・辻田純一郎・上峯篤史・山本雅和

記録のため、公開講演会第2日目と、私たちのセッションのプログラムを掲げておきます。
◯第8回世界考古学会議〈WAC-8〉公開講演会第2日「世界文化遺産と現代都市」日:2016年8月29日 August 29(Mon),2016 、場所︰同志社大学室町キャンパス寒梅館ハーディホール Hardy Hall, Kambaikan, Doshisya University、主催︰WAC-8京都大会実行委員会 WAC-8 Kyoto Local Organizing Committee
 ・ジャン=ポール・ドゥムール(フランス・パリ第一大学)「パリ以前のパリ―旧石器時代からローマ時代まで―」
 ・李盛周(韓国・慶北大学校)「慶州王京の形成と発展におけるイデオロギーの問題とその保存」
 ・吉崎伸(京都市埋蔵文化財研究所)「京都の埋蔵文化財の現状と課題―平安京を中心に―」
 ・山田邦和(同志社女子大学)「コメント」
 司会︰吉井秀夫(京都大学)

◯T05-D"The Comparative Urban Archaeology: Kyoto and Global Comparison of Cities"
Organisers: Kunihiko Wakabayashi (Doshisha University / Japan) and Kunikazu Yamada (Doshisha Women’s College of Liberal Arts / Japan)
1st September, 9︰00-11︰00, 14︰20-16︰20
Type: Symposium
◎9︰00-9︰20、Mr. Takumi Furukawa, Toshitaka Kamai, Shun Sakamoto, and Ryo Nakatsuka
"Jurakudai, the center of Kyoto in the late 16th century: Investigating Mid-early Modern
◎9︰20-9︰40、Ms. Wenjing Wang
"Early complex societies in the Upper Daling Valley and Chaohu region: A comparative analysis of settlement systems in China"
◎9︰40-10︰00、Dr. Tatsuya Murakami, and Shigeru Kabata
"Early Urbanism in Central Mexico: Preliminary Results of the Tlalancaleca Archaeological Project, Puebla"
◎10︰00-10︰20、Ms. Hema Thakur
"Urbanization at Sannati - an early historic Buddhist settlement in North Karnataka, India"
◎10︰20-10︰40、Dr. Dragos Mandescu
"Campulung (Langenau / Dalgopole / Hosszumezo), Arges County, Romania: between the glamour of the archaeological heritage and the faded present"
◎10︰40-11︰00、Mr. Joakim Kjellberg
"Materialising urbanism - comparing material Culture and urban identities in a medieval townscape"
◎14︰20-14︰40、Mr. Kunihiko Wakabayashi
"Cities or Settlements?: Local center in Early Agricultural Society in Japan"
◎14︰40-15︰00、Prof. Kunikazu Yamada
"The Comparative study of Ancient Cities"
◎15︰00-15︰20、Dr. Akira Yamanaka
"Ancient Cities and Capitals in East Asia and Japan"
◎15︰20-15︰40、Dr. Tsuyoshi OZAWA
"Comparison of Initial Capitals in Ancient Japan and China"
◎15︰40-16︰00、Prof. Nobuya Ami
"The structure and planning of Heian-kyo, the last capital of Ancient Japan"

【書いたもの】
■Kunihiko Wakabayashi and Kunikazu Yamada, Organisers: T05-D The Comparative Urban Archaeology: Kyoto and Global Comparison of Cities, WAC-8 Kyoto Program Committee, directed by Makoto Tomii, Editing. WAC-8 Kyoto Local Organizing Committee, under the direction of WAC Japan, 〈Kyotanabe〉,2016(世界考古学会議第8回京都大会実行委員会プログラム作業班(編集),The Eighth World Archaeological Congress Book of Abstracts, 京田辺, 世界考古学会議第8回京都大会実行委員会・特定非営利活動法人WAC Japan事務局,2016年8月28日), pp.128-130.
■Kunikazu Yamada: The Comparative study of Ancient Cities, WAC-8 Kyoto Program Committee, directed by Makoto Tomii, Editing. WAC-8 Kyoto Local Organizing Committee, under the direction of WAC Japan, 〈Kyotanabe〉,2016(世界考古学会議第8回京都大会実行委員会プログラム作業班(編集),The Eighth World Archaeological Congress Book of Abstracts, 京田辺, 世界考古学会議第8回京都大会実行委員会・特定非営利活動法人WAC Japan事務局,2016年8月28日),, p.130.

【しゃべったこと】
◎Kunikazu YAMADA; Comment, Public Lecture2: WAC-8 Kyoto Local Organizing Committee, World Cultural Heritage and the Modern City, The Eighth World Archaeological Congress(WAC-8), Hardy Hall, Kambaikan, Doshisya University, August 29(Mon),2016(山田邦和「コメント」〈WAC-8京都大会実行委員会(主催)「第8回世界考古学会議〈WAC-8〉公開講演会第2日「世界文化遺産と現代都市」、於同志社大学室町キャンパス寒梅館ハーディホール、2016年8月29日〉)
◎Kunihiko Wakabayashi and Kunikazu Yamada, Organisers: T05-D The Comparative Urban Archaeology: Kyoto and Global Comparison of Cities, The Eighth World Archaeological Congress(WAC-8), RY107, Ryoshinkan, Doshisya University, 1st September,2016.
◎Kunikazu Yamada: The Comparative study of Ancient Cities, The Eighth World Archaeological Congress(WAC-8), RY107, Ryoshinkan, Doshisya University, 1st September,2016.

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »