« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018.06.29

中国(北京)旅行、の巻(2)

08
 6月10日(つづき)
(8)孔廟国子監博物館。ここも初めての訪問。牛教授の教え子が研究員をつとめているので、つきっきりで解説いただくのがありがたい。写真は国子監で皇帝が講義をした辟雍の天井の模様。なかなか綺麗に撮れた。

09
 6月11日(月)
(9)北行して、居庸関。左から、村元さん、私、牛先生。
10
(10)居庸関の万里の長城。風邪の症状がひどく、見上げると絶望的な気分になる。しかし、これを逃すと今度はいつ来れるかわからない。必死の思いで、よじ登る。
11
(11)明十三陵。以前に来たのは1979年だから、ほとんど40年ぶりだということになる。これは神宗万暦帝の「定陵」の墓室(地下宮殿)。
12
(12)定陵の墳丘。版築の痕がよくわかる。中国の古墳研究では、どういうわけか墳丘の部分には関心が薄いから、じっくりと見たくなってくる。
13
(13)明十三陵のうち、成祖永楽帝の「長陵」。これは墓室は未発掘だが、礼制建築群がよく残っている。

 6月12日(火)
午前は自由時間。村元さんは市内の本屋さんめぐりに出かける。私もついて行きたかったのだが、やはり風邪を直すほうに力点を置くべきだということで、ホテルでひたすらに、寝る。
 午後、牛先生の見送りを受けつつ、空港へ。ただ、上空の天候が悪いとかで、三時間以上も機内に閉じ込められる。関空着は22時30分を過ぎる。なんとか、最終よりひとつ手前のバスに乗り込んで、日付が変わる頃に京都着。風邪に祟られたということはあったが、良い経験をさせていただいた旅でした。牛先生、村元さん、ありがとうございました。

中国(北京)旅行、の巻(1)

 6月8日(金)
9時30分京都発の特急「はるか」に乗車。11時30分、関西国際空港で村元健一さん(大阪歴史博物館学芸員)と合流。ただ、飛行機がなかなか離陸せず、かなり遅れて北京に到着。北京空港では、セキュリティ・チェックがものすごく厳格になっており、長蛇の列に驚く。中国人民大学近くのホテル燕山大酒店に入り、招いてくださった牛润珍教授と合流。夕食は同大学内の立派なレストラン。

 6月9日(土)
残念ながら、雨。紫禁城の正陽門を眺めながら、北京の中心軸として整備された前門大街を散策。さらに天安門広場の横を通って紫禁城(故宮博物院)へ向かう。あちこちで、またまたセキュリティ・チェック。太廟、故宮博物院、鼓楼および烟袋斜街、前海・後海(大運河)と火德真君廟、オリンピック森林公園と回る。ただ、風邪をひいてしまったようで、だんだんに調子が悪くなってくる。
 01_2
(1)紫禁城の午門。以前に「桓武朝における楼閣附設建築」(『京都都市史の研究』所収)という論文を書いたことがあるので、感慨深い。
02_2
(2)紫禁城の太和殿。ここにくるのも久しぶり。
03_2
(3)もしかすると、今回、一番感激したのはこれかも。故宮博物院の解説装置は、中国語(漢語の普通話)が4種類(スタンダード版、詳細版、子供向け版、男女対話版)、広東語、閩南語(福建語)、チベット語、ウイグル語。さらに外国語は、英語、日本語など35言語(!)が用意されている。驚愕したのは、エスペラント語版までがちゃんと存在していること。帰国してから授業でとりあげてみたが、ウチの学生たちは誰ひとりとしてエスペラント語という言語の存在すら聞いたことがなかったぞ(泣)。日本では「国際化」などといってもしょせんはそれは「英語」オンリーで、良くても中国語(漢語の普通話だけか、またはそれに台湾の繁体字版を加えるくらい)と韓国語を加えるくらいだ。それに比べて中国のこの徹底ぶりはたしかに賞賛に値する!
04_2
(4)昼食は北京名物「老北京炸醤麺」。美味。
05_2
(5)北京の美しい公園「前海」「後海」。知らなかったのだが、隋の煬帝で有名な「大運河」が元の時代にここまで延長されたものだという。
そのあとは、新しい北京の中央軸を眺めることができるオリンピック森林公園に登る。

6月10日(日)
06_2
(6)10年ほど前に新設された「首都博物館」。ここに来るのははじめて。北京の歴史の常設展はなかなかに丁寧。
07_2
(7)首都博物館でやっていた特別展示「チベット歴史文化展」。


2018.06.07

明日から中国

 明日の6月8日(金)から12日(火)まで、5日間だけではありますが、中国(北京)にでかけます。中国人民大学の牛润珍教授が主催される共同研究「中世紀東アジア都城研究国際学術会議」に誘っていただきました。2012年に大病をして以来、海外旅行はずっと自粛してきたのですが、「解禁」ということになります。それでは、行ってきます。

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »