« 中世紀東亜都城制度研究国際学術会議、の巻(3) | トップページ | 中世紀東亜都城制度研究国際学術会議、の巻(1) »

2018.12.17

中世紀東亜都城制度研究国際学術会議、の巻(2)

Img_7328
 2014年に新設された、臨漳仏造像博物館。四角四面の威圧感ある建物。

Img_7281
 この博物館は、2002年に北朝の巨大寺院跡が発掘調査され、破壊された仏像の埋納坑が見つかった。北周の武帝による「建徳法難(建徳3年〈574〉、同6年<577>)」にともなうものと推定されている。

Img_7338
 日本でも話題となった、曹操の陵墓「高陵」。いま、整備工事中。

Img_7381
 北斉の皇族(北斉建国者の文宣帝高洋の甥)の蘭陵王高長恭の墓。蘭陵王って雅楽の奇怪な仮面で有名なのだが、あれ、蘭陵王が優しい顔立ちだったので、戦の時にはワザと猛々しい仮面をつけたことに由来するんだってね。墓は小円墳。墓前に石碑がたつ。


« 中世紀東亜都城制度研究国際学術会議、の巻(3) | トップページ | 中世紀東亜都城制度研究国際学術会議、の巻(1) »