2016.04.18

熊本地震

 2016年4月14日21時26分頃および4月16日1時25分頃には、熊本を震源とする地震が発生しました。さらにそれにともなう余震や、九州の各地で地震が頻発しております。マスコミによって刻々と伝えられる被災地のありさまに、胸が締め付けられるような思いを味わっております。「地震列島」である日本に暮らしている以上、こうした被害は誰にとってもまったく他人事ではないと存じます。この地震の被災者の皆様に心よりのお見舞いを申し上げます。何もできない自分が歯がゆく、情けないのですが、ささやかではありますが日本赤十字社の募金に応じたいと思っておりますのでよろしくお願いいたします。


2015.07.09

パソコン不調中にて失礼します

 みなさま。
 先日、パソコンが大往生し、慌てました。データのバックアップがあったのがせめてもの幸いでした。ただ、メールの送受信ができないことになり、不便をおかけしました。
 昨日、新しいパソコンが来たのですが、設定をミスったのか、メールの送信はできるのですが受信ができなくなっています。復旧までしばしお時間をくださいませ。急ぎの用件は、携帯メールまたは大学のメールにお願いいたします。


2015.05.18

いわゆる「大阪都構想」の頓挫

 5月18日(月)
 5月17日、「大阪市廃止、その領域を分割して5つの『特別区』を設置する」構想(いわゆる「大阪都構想」)についての住民投票がおこなわれました。私も関心をもっていますので、テレビの速報を食い入るように見ていました。最初、開票率数%の時には反対が優勢だったのですが、開票が進むにつれて賛成票が増加していきます。開票率50%、60%、70%と進んで行くのですが、賛成票が1万あまり反対を上回っています。あぁ、これはもうダメだな、とあきらめかけたのですが、開票率90%を越えるあたりから、今度は反対票が逆転。しかし、90数%に達しているのに、まだ結論がでません。やきもきするような時間が過ぎました。画面に「反対が勝利、確定」の文字が踊ったのは、最後の土壇場でした。最終結果によると、賛成が694,844票、反対が705,585票だったというのですから、ほんの僅差の勝利でした。

 結果が出た時には、思わず、やった!と声をあげました。この7年半の間、大阪を席巻してきた「橋下劇場」の終焉という歴史的瞬間だったからです。テレビのニュースは、「大阪都構想」頓挫、橋下氏の政界引退宣言などをはなばなしく報じています。しかし、そのあと、安堵とともに、なんとも言いようのない徒労感に襲われました。この間、大阪の政治的対立のために使われたお金、労力は莫大なものですし、住民同士が敵味方に分かれてしまうという結果も生まれました。その中で犠牲となった、たとえば大阪府立国際児童文学館といった文化施設はもう戻ってはこないでしょう。私には、「橋下劇場」の幕が降りた後には、ただ茫漠たる廃墟が広がっているように見えるのです。

 橋下「維新」の支持者は、口々に「橋下氏に大阪を変えてほしかった」「大阪の改革を進められるのは橋下氏しかいなかった」「現状維持はけしからん」と言います。しかし、「改革」にも、良い改革と悪い改革があります。それを区別せずに、ただただ変えればよいのだ、というのは理性的な対応とは思えないのです。

 「橋下劇場」が終わってから、これからの大阪の指導者がどなたになるのか、私にはわかりません。しかし、どなたになろうとも、今後の大阪のためにお願いしたいことがあります。大阪の未来は、橋下氏が主張したようなカジノを誘致してバクチ都市にしていくとか、橋下「維新」政権の顧問をつとめた堺屋太一氏が「必ず儲かるぞ」と豪語した「道頓堀プール」等の「大阪10大名物」のでっちあげとか、そういうところに求めてはならないと思うのです。

 なによりも必要なのは、「都市格」です。都市の格が上がれば、自然と人々は集まり、結果として経済効果もあがります。これについて、前に書いたものを引用しておきましょう(山田邦和『日本中世の首都と王権都市』〈文理閣、2012年〉346頁)。
 「最近、「都市格」というものが論じられることがある。現在の京都は、必ずしも実力の上では日本を代表する都市ではない。(中略)しかし、それでも「都市格」を考えた場合、京都はいまだに世界的に日本を代表する都市のひとつである。(中略)これは、やはりなんといっても歴史的に見て京都が高い「都市格」を維持してきたからである。たとえば、大阪は明らかに日本を代表する都市力を持つ都市のひとつである。しかし大阪の「都市格」は、必ずしもその実力に見合うだけのものとはみなされていない。大阪からはそうした現状に対する悔しさが聞こえてくる。大阪の人々は、大阪がそれにふさわしい「都市格」を持つようになることを熱望しているのである。大阪はかつて「下衆<げす>の町」と罵られたことがある。大阪はあれだけの都市としての実力をもちながら、文化的には下衆の町であると言われてきたのである。しかしその後の大阪は、そう言われたことを逆にバネとしていろいろな文化的事業を推し進め、今ではそうした悪評を払拭するにいたっている。大阪は単なる経済力だけの都市ではないんだ、格の高い都市なのだということを実証するために、大阪の政財界はいろんな施策を進めてきているのである。大阪の政財界は、明らかに都市開発を推し進める側に立っている。その開発側が、自らの都市を「文化都市」にすることを熱望し、それを通じて大阪の誇りを取り戻そうとしているのである」。しかし、「二〇〇八年に大阪府知事に就任した橋下徹は、大阪府の財政再建と行政改革を旗印に掲げ、文化施設や文化関係団体への予算を大幅に削減するという政策を推し進めた。さらに二〇一一年には橋下は大阪市長に転じ、府知事には橋下の側近である松井一郎が就任した。大阪はこれまで営々と築いてきた「文化都市」の蓄積を放棄し、新たな「下衆の町」へ回帰することを選択したといわざるをえない」(橋下氏は、文化を敵視し、弾圧に余念がありませんでした。文楽にたずさわる人々を「既得権者」として圧迫し、「文楽やクラシックが芸術だというのならばストリップも芸術で、おんなじだ」「能や狂言が好きな人は変質者」と公言してはばかりませんでしたから)。
 つまり、これからの大阪は、ふたたび、文化都市であり「都市格」の高い都市であるという方向に進んでいってほしいのです。大阪の市民の良識と活力が良き指導者のもので再結集されるならば、必ずや大阪はすばらしい都市として発展していけると信じています。


2015.05.16

「大阪都構想(いわゆる)」に反対してください!〜大阪市民の皆さんへ

Ce5dkd7ueaep2j1

 今、大阪市で熱い政治的論戦がたたかわされています。いうまでもなく、橋下徹市長率いる「大阪維新の会」(およびその国政版である「維新の党」)が提唱する、いわゆる「大阪都構想」(実は「大阪市廃止、その領域を分割して5つの『特別区』を設置する」構想)の賛否を問う住民投票が、5月17日に実施されることになっているからです。

 私は京都市民ですので、この住民投票に参加する権利を持っていません。また、京都の人間が大阪のことに口を出すなどトンデモない、と言われるかもしれません。しかし、京都から見ても大阪はお隣りさんであり、また、大阪市は京都市、神戸市とならんで「京阪神大都市圏」の中心都市のひとつであるとともに、その3市の中では人口、経済規模ともに最大の都市です。したがって、その運命に無関心でいられるわけはありません。したがって、これまで私は大阪維新の会の橋下徹市長および松井一郎知事が進める大阪府政・大阪市政を注視してきました。そして、図書館、博物館、文楽、オーケストラなどの「文化」を弾圧し続け、その一方でカジノ(要はバクチ場)の誘致を高唱したり、「道頓堀プール」なる奇妙な計画を大マジメで後押ししようとするような「維新政治」に恐怖を感じてきました。そこから私は、そうした「維新」が掲げる、いわゆる「大阪都構想」について考えてきました。

 私は「維新政治」と「いわゆる『大阪都構想』」に反対します! ちょうど、京都大学大学院の藤井聡教授が「『大阪都構想』の危険性を明らかにする学者記者会見」を開催することとし、そのために全国の大学教員有志に趣意書への賛同を求める運動をおこなっておられたので、その末席に名前を連ねさせていただくことといたしました。これには、4月27日から僅か一週間で124名の研究者から所見供出意向の申し出があったといいます。実際に所見が提出されたのは108名(5月9日現在)ですが、そのすべてが「いわゆる大阪都構想」への危惧、または反対意見でした。それについては、藤井教授のページに詳しく紹介されています。

 なぜ、「いわゆる大阪都構想」が危険だとされるのか、それについては藤井教授のページや、ハンドルネーム「結」さんの「橋下市長の大阪都構想を、きちんと考えてみる」のブログ彼のツイッターハンドルネーム「Lynette Ellils」さんのツイッターなどが詳細に分析しており、それに付け加えることはほとんどありません。むしろ、これだけのリスクが指摘されているのに、それでも「いわゆる大阪都構想」に賛成するというのが、私にとっては理解の外にあるのです。

 ただ、誤解していただいてはならないのは、私は地方自治にはさまざまな形態があると思っています。大阪府は日本の都道府県の中でも面積は最小に近く、そのわりに人口が多く、さらにはその中心都市である大阪市が地理的に府域のほぼ中央にあります。これが、面積は広いわりに人口分布が偏っている京都府(京都府全体の過半の人口を抱える京都市は府域の南部にあって、府北部とはかなりの距離がある)とは違うところです。したがって、大阪府全体をひとつの「都市」とするということも、決して否定することではないと思っているのです。

 しかし、そうしたありかたが否定されない、という一般論と、現在「維新」が進めている大阪市解体・特別区設置を認めていまうというのは、あきらかに問題が違っています。そもそも、今回住民投票にかけられる大阪府・大阪市特別区設置協議会の「特別区設置協定書」はあまりにも乱暴すぎます。それは未解決の問題を先送りしている部分が多すぎ、それらの解決は府知事と市長への全権委任にまかせてしまっているのです。

 橋下「維新」とその支持者の皆さんは、口を開けば「従来の大阪府と大阪市の二重行政の弊害」を言い立てます。そして、「大阪都」になれば「大阪全体の司令塔」が一元化され、二重行政の無駄はなくなる、と言います。しかし私は、「二重行政」が無条件に悪であるとする見方は理解に苦しみます。大都市であればあるほど、行政サービスには手間がかかります。それを府と市の双方がやったとしても、それは大都市に対するサービスが手厚くなったということだけで、決して住民にとって不幸なことではありません。要は、「二重行政」が存在したとしても、そこには良い二重行政と悪い二重行政がある、ということです。肝心なのは、悪い二重行政は撲滅するが良い二重行政は進めることです。「維新」の支持者のいう「大阪の二重行政の失敗例」も、バブル経済の時代に浮かれてしまってヘンなものを作ってしまったという意味での失敗なのであり、大阪府と大阪市が共存したための失敗ではありません。そもそも、司令塔が府知事に一元化されたとしても、その司令塔が判断を誤ってヘンなことをしてしまったら、ムダの規模はむしろ大きくなってしまいます。

 橋下「維新」が二重行政の典型として挙げるものに、大阪には大阪府立大学と大阪市立大学というふたつの大学の併存があります。でもちょっと待ってください。大阪にはもうひとつ、国立大学法人である大阪大学が存在します。仮に大阪府立大学と大阪市立大学を統合して「大阪都立大学(変なコトバだ)」にしたとしても、大阪大学との「二重行政」は解消されません。要するに、「二重行政」をいうならば、全国すべての都道府県には国立大学が存在するのであるから、地方自治体が経営する公立大学はムダであり、それらはすべて国立大学に寄附・統合されるべきだ、ということになってしまうのです。これはどう考えても変でしょう?

 こういうことを言うと、「大阪維新の会」の支持者からは「それでは大阪が今のままでいいと思っているのか? 大阪には思い切った改革が必要だ! だから『大阪都構想』なんだ!」というコトバが聞こえてきそうです。しかし、「今のまま」で完璧な政治制度など、歴史上かつて存在しませんでした。どんな国にしても地方自治体にしても、問題をかかえていないはずがありません。しかしそうした問題を解決するのに、いきなりの特効薬は存在しない。「いわゆる大阪都構想」さえ実現するならばすべての問題は解決されてみんなが幸せになれるというのは幻想です。政治の問題を解決するには、その構成員の意見をとりまとめながら、ゆっくりと合意を重ねていくしかないのです。

 そもそも、橋下市長や大阪維新の会の「いわゆる大阪都構想」の主張には、強弁や誤りが多すぎます。ほんの一例を挙げると、「(大阪都構想が)失敗しても一度大阪都になるともとには戻れないの?」という質問に対して、大阪維新の会は「地方自治法第281条の4の規定により、特別区の廃置分合が可能とされておりますので、特別区を市に戻すことや、政令指定都市となることは可能です」と回答しています。しかしこれはあきらかなミスリードであり、もっというならば詭弁です。国会で総務大臣が明確に述べている通り、現行法に立つ限り(「じゃあ、法律を変えればいい!」というのは反論になりません)、一度特別区になってしまうと、特別区同士の合併や特別区の分割は可能であっても、特別区を市に戻すことはできませんし、ましてや政令指定都市を復活することはできないのです。今回の「いわゆる大阪都構想」住民投票は、失敗すると元に戻すことができない「片道切符」であることを忘れてはならないのです。

 少なくとも私は、こうした詭弁を駆使する団体を信頼することはできませんし、こうした詭弁が含まれた構想を支持することはムリです。大阪維新の会のウェブサイトを見てみると、「(大阪都構想には)リスクはありません」「失敗する可能性はありません」などという言葉が踊っています。ある人から「絶対に失敗しない! だから俺にまかせろ!」という言葉が出た時には、逆にその言葉を疑ってみるというのが理性的な対応ではないでしょうか?

 投票権のある大阪市民の皆さん、5月17日の住民投票にはぜひ参加し、ぜひ「反対」と書いてください!!


2015.01.04

久方ぶりの大雪(4)、の巻

Img_0261

 雪にも耐えて、けなげに早咲き。平野神社の十月桜。


久方ぶりの大雪(3)、の巻

Img_0276

 初詣の人波。雪の北野天満宮。


久方ぶりの大雪(2)、の巻

Img_0269

 雪の土手となった御土居(平野鳥居前町)。


久方ぶりの大雪(1)、の巻

Img_0197_2

1月3日(土)
 京都は、元旦から61年ぶりという大雪。1日は閉じこもり。2日は我が家の恒例のボタン鍋。3日はまたまた雪がつもったので、初詣を兼ねての雪見。雪の金閣は、やっぱりキレイ。

 


2015.01.01

2015年、謹賀新年、の巻

141231_2(← 大晦日の夜、神泉苑の歳徳神の恵方社を、僧侶たちが真言を唱えながら回転させていく)

 2015年1月1日(木)
 新しい年が訪れました。皆様、あけましておめでとうございます。旧年中は大変お世話になり、ありがとうございました。今年もよろしくお願い申し上げます。


 大晦日は神泉苑で過ごした。いうまでもなく、平安京遷都とともに桓武天皇によって造営された離宮である。境内に歳徳神(さいとくじん)を祀る「恵方社」という祠がある。毎年の恵方の方角に合わせて、大晦日に祠を回転させるという行事がおこなわれるので、それを拝見させていただきに行ったのである。行事が終わると、境内の料亭「神泉苑平八」さんが振る舞ってくださる年越しソバを頂戴する。めっけものだったのは、普段は入れない、神泉苑の北端から東端にかけてが特別公開されたこと。神泉苑にはしばしば訪れるのだが、その部分は始めてだった。正保3年(1646)の梵鐘、神泉苑中興の祖である快我上人・京都所司代板倉勝重・茨木城主片桐東市正且元の供養塔を拝見することができた(といっても、暗闇の中なので細部の観察は無理)のは、思わぬ収穫。

 帰宅して、紅白歌合戦を録画で見る。途中は飛ばさせてもらって、12年ぶり2回目の登場となる、中島みゆきさん! おそらく、今回の紅白のクライマックスである。朝の連続テレビ小説「マッサン」の主題歌である「麦の歌」を、堂々と唄い上げるさまは圧巻。みゆきさんの歌声とともに、新しい年の幕があがる。


2014.05.20

マック、ありがとう、ホントにありがとう

6

 2014年5月18日(日)21時23分、わが家の愛犬、ペキニーズのマックが天に召された。1999年11月19日生まれだから、14歳と半年に僅か1日だけ足りなかったことになる。

 マック! オマエが始めてわが家に迎えられたのは、2000年4月9日だった。帰省していた下の妹がたまたまペットショップの前を通りかかって、オマエを見つけたのだった。妹は早速にボクに電話してきて、興奮した口調で「お兄ちゃん! ものすごく可愛いペキニーズがいるから見においで!」と言ったのだった。しかしその時のボクたちはマンション住まいだったこともあり、犬を飼うなんていうのはまったく意識の外にあった。でも、妹のあまりの熱意に負ける形で、まあ見るだけ見るのならばいいか、ということで足を運んだのだった。しかし、店先のゲージに他の犬と一緒に入れられて、他の犬たちに踏んずけられながらも泰然としていたオマエを見た瞬間、ボクたちはオマエにすっかり一目惚れをしてしまった。ウチの奥さんなんかすぐにオマエを抱き上げて「この子はゼッタイにウチの子にする!」と叫んだもんな。

 オマエをウチに連れてかえって、とにかく厳しく躾けをしようと決意して、一晩はリビングに据え付けたゲージの中にオマエを入れたまま、ボクたちは寝室に引っ込んだ。オマエは淋しかったのか人恋しかったのか、そのあともワンワン鳴き続けていたね。朝になってリビングに戻ったボクたちは仰天した。晩のうちにたくさんのウンコさんをして、その中で暴れ回ったものだからリビング中がオマエのウンコさんだらけになっている。その中でオマエは、ボクたちの顔を見つけて、いかにも嬉しそうな表情で千切れんばかりにシッポを振っていた。これはボクたちの完敗。オマエはこれでまったく、ボクたちの生活の一部になった。

 それから14年余り。オマエはいつもボクたちの側にいてくれた。時には気まぐれでボクたちを悩ませることはあったが、オマエはいつも大きな瞳でまっすぐにボクたちを見つめてくれていた。外で嫌なことがあった時、仕事で辛い目にあった時、ボクは帰ってくるとすぐにオマエをしっかりと抱きしめた。オマエはちょっと困った表情を見せながらも、仕方ないな、という感じでボクに身体を預けてくれた。ボクはオマエのふかふかの毛に顔を埋ずめたら、外でどんな嫌なことがあっても、それがスーッと解消していくのを実感していた。ボクは、ボクたちがオマエを飼っているというのは実は建前だけであって、ボクたちこそがホントはオマエに面倒を見てもらっているのかもしれないと、いつも感じていたんだよ。

 ペキニーズのような小型犬の寿命は、12年から15年くらいだという。その中で14年半生きてくれたのだから、オマエは天寿をまっとうしてくれたのだと思う。しかし、今年に入ってからはかなり身体も弱ってきたのが目にみえてわかった。いつものお散歩コースもだんだんに短くなっていったし、しまいにはヨタヨタになってしまっていた。それでもオマエは、時々は転びながらも、いつもの自分のテリトリーをしっかりと見回っていたね。

 しかし、ついに難しい時が来た。体調を崩したオマエを診察してくれた動物のお医者さんからは、かなり深刻な状況であることを告げられた。ボクたちはオマエと別れなければならない恐怖に怯えながら、病院通いを始めることになった。治療も期待したほどの効果をあげない中で、しかしオマエは、お医者さんがびっくりするほどの頑張りを見せてくれた。

 5月17日(土)と18日(日)、東京の日本大学で日本考古学協会の総会がある。オマエの状況が気にかかっていたボクは、それに出席するかどうか、最後まで迷っていた。早くから協会には出席すると届け出ていたのではあるが、自信がなくなったボクは予約していたホテルをいったんは取り消し、協会総会には改めて委任状を送ることまでした。しかし、金曜日頃のオマエは、寝てばかりではあるものの、体調は安定しているように見えた。これなら大丈夫だろうと思って、ボクは東京に出かけて行った。でも、正直にいうと、京都に残してきたオマエのことが気になって、研究発表を聞いていてもほとんど気もそぞろだったんだよ。

 18日に考古学協会が終わると、ボクはすぐに新幹線に飛び乗った。オマエに付き添っていたウチの奥さんからは、昨晩のオマエはかなり体調が悪くて一晩中夜鳴きしたこと、幸い、朝にはちょっと安定して御飯を食べたこと、お医者さんにつれていって鎮静剤を打ってもらったので、そのあとは寝たままであることを知らせてくる。20時30分、ボクは帰宅した。オマエは玄関のタタキの涼しいところで寝ていた。大きな息を繰り返しているのが心配だった。ほとんど水も飲まないということだったのだが、ボクが身体を起こしてやって注入器で水を口に運んでやると、オマエは思いがけない強い力で注入器に食いつき、ペロペロと水を飲んでくれたね。それからはまた落ち着いて寝始めた。しかし、さっきまで大きな息をしていたのが、そのうちにだんだんと息が聞こえなくなってきた。あわてて身体を揺さぶると、2度3度、足を痙攣させた。そして、そのままスーッと力が落ちていった。それがオマエとの別れだった。
 しかし、最後の土壇場で、ボクはオマエを看取ってやることができた。いや、そうじゃないな。オマエはきっと、最後のさよならを言うために、ボクが帰ってくるまで頑張って待っていてくれたんだよね。

 マック、この14年間、オマエと過ごすことができて、ボクたちは本当に幸せだったよ。ありがとう。本当にありがとう。マック、愛してたよ。ボクたちはオマエのことを生涯忘れないよ。マック、どうか安らかに。


 〔元気な頃のマック〕


より以前の記事一覧